ここから本文です

万葉集 柿本人麻呂 なるかみの すこしとよみて さしくもり あめもふらぬか き...

百合江さん

2016/12/821:20:14

万葉集
柿本人麻呂

なるかみの すこしとよみて さしくもり あめもふらぬか きみをとどめむ

返歌
なるかみの すこしとよみて ふらずとも わはとどまらん いもしとどめば

があ

りますが、検索しても深海監督のアニメの台詞のことしかなかったり、万葉臭の本を買っても掲載されていませんでした。

あまり有名な詩ではないのでしょうか?

あと返歌も柿本人麻呂らしいのですが、自分のつくった詩に自分で返歌を詠うことは普通なのでしょうか?

閲覧数:
410
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gep********さん

2016/12/1118:20:41

巻11-2513歌(鳴る神の…君を留めむ)と、2514歌(鳴る神の…妹し留めば)ですが、
『万葉集』の中では、「問答」という題で載っています。
また、巻11はほとんどが「柿本朝臣人麻呂之歌集出」です。
「人麻呂歌集」は、人麻呂の作歌もありますが、色々な地域で詠まれていた、いわゆる「ご当地の有名な歌」を集めたり、伝承歌を収録したり、といったスタイルであろうと考えられています。
ですからこの2首は、どこかの土地で伝承的に歌われていた歌…例えば、歌垣でよく歌われていたものであったのかもしれません。
つまり、「人麻呂が、自分の歌に自分で返した」のではないのです。
それと、「あまり有名ではない」のは、人麻呂の歌ではない可能性大(もちろん、人麻呂作かもしれないけど…)だからって部分が大きいとは思います。

『万葉集』で有名な歌って、
①名前の分かっている人が、どんな事情で詠んだのか…が分かっている(記載されている)。
②教科書に載っている。
そういう歌であることが多いですね。

質問した人からのコメント

2016/12/13 20:56:49

詳しく説明してくださりありがとうございます!!

人麻呂が、自分の歌に自分で返したのはなかったのですね。
ここのところが腑に落ちず、いろいろ思いを馳せていた次第です...

日本のことなのに知らないことだらけです...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

苦瓜さん

2016/12/821:43:32

私は新海監督の「言の葉の庭」で初めて知りました。
内容を知ると良い詩だとは思います…。
ただ、有名かと言われるとちょっと…、といった感じでしょうか。
それと、自分の作った和歌の返歌を自分で作ることもあるのか、ですが本人が詠んだのか、昔から伝わる詩を人麻呂が収集したものなのか自体が分かっていないそうです。(柿本朝臣人麿歌集という人麻呂自身が作った詩集からの引用らしい)
つまりは、制作経緯不明です。
参考:http://manyou.plabot.michikusa.jp/manyousyu7_1092.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる