ここから本文です

健康診断の結果が最悪で、γーGTPが293あり、その他にも色々出てきました。

aaa********さん

2016/12/1819:27:35

健康診断の結果が最悪で、γーGTPが293あり、その他にも色々出てきました。

γーGTP:293
GOT:51
GPT:52
LDLコレステロール:141

さらに、
心電図から、不完全右脚ブロック

胸部X線検査から、異常陰影

酒はここ3年ほどは、毎日缶ビール(350ml)1本と赤ワイン(750ml)1本と半分くらい飲んでいました。
タバコは一日25本を20年ちょい吸っています。

医者からは、数週間から数か月禁酒してくださいという事と、タバコをやめるように勧められました。
胸部X線については、そのうちCT検査してみたらどうでしょう、と。
不完全右脚ブロックはたまに心電図をとって様子を見ましょうと。
小さな診療所なので、それ以上の検査は出来ないらしいです。

あまり詳しい説明がなくて心配だったので、ネットでいろいろと調べたのですが、γーGTPが293くらいなら1000以上の人もいるので、そんなに心配ないと書いてあったり、200を超えたら相当ヤバイみたいなことも書いてあったりしますので、良く分かりません。

でも、まあとりあえず禁酒しています。
禁酒はそんなにつらくはないです。
ただ、禁煙が難しいですね。全然できません。

それと、禁酒はしていますが、これからの季節、クリスマスや正月などもあり、その時だけは飲みたいなと思っているのですが、その時だけでも飲んでしまったら、せっかく禁酒したことが全部台無しになるのでしょうか?

上記につきまして、包括的に所見を頂けたらと思って投稿しました。

ちょっと文章がおかしいところもあるかもしれませんが、有識者の皆様方のご教授を頂ければと思いました。

宜しくお願い致します<(_ _)>

補足全部の項目じゃなくても、どれかの項目でも分かる方がいらっしゃいましたらお願いします。特に肝機能と正月の一時的な飲酒についてなど。

閲覧数:
738
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

owl********さん

2016/12/1820:10:11

日ごろ、毎日そんなに飲む人が
クリスマスと正月に、「飲みたいな」と言ってるなら
量の自制などほとんど効かないと思いますし
そうなったら、ほとんど元に戻ってしまう
と思います。
その数値では、「正月くらいは飲酒は良いよ」
と言ってくれる寛容な医者は、まずいないのが現実です。
しかし、肝機能は酒はやめていれば、良くなりますが
それより怖いのは肺の陰影です。
これは早く正体を確認したほうが良いかと思います。
万一肺癌だったりしたら、お酒どころの話では
なくなってしまいます。

  • 質問者

    aaa********さん

    2016/12/1820:24:56

    ありがとうございます。肺についてはそのうちCTを、としか医者は言っていませんでした。。。
    やはり相当悪い数値ですか。やはり途中で一回でも飲むと禁酒の苦労が無意味ですかね・・・。たぶん正月くらいは、と相当飲んでしまうと思います。その後はまた禁酒継続が大丈夫な自信はありますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる