ここから本文です

不倫をしたことがある人にお聞きします。なぜしてしまったんでしょうか? また...

iro********さん

2016/12/1921:22:25

不倫をしたことがある人にお聞きします。なぜしてしまったんでしょうか?

また、その時に躊躇いはありませんでしたか??

閲覧数:
202
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2016/12/1922:47:30

好きになってしまったからですかね……
躊躇は物凄くありました。
何年も想いが募り我慢できなくて、気が付いたら愛し合ってました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/12/26 23:50:24

回答ありがとうございます!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

eni********さん

2016/12/2120:21:25

おまえさ、不倫撲滅活動ってさ、人の人生なんてどうでもよくねぇ?ばかじゃねーの?

自分が女に相手にされないクソ男だからって、他人の人生にイチャモンつけんじゃねーよ!バカ丸出し、アスペ男!

他人の不倫に文句言う前に、自分のクソみてーな性格直せや!このアスペルガー男!

すべての人間は否応なく死に向かって直進し、老化し、朽ち果て、滅びていってるのに、われわれときたらそれに無自覚で、憂慮せず真摯に考えず、夕陽のように沈みゆく自己存在を、そうと気づかずに無邪気に外界に向かって笑顔で誇示・喧伝しています。
そのほかにも、いつまでたっても満たされることのない快楽を際限なく追求し、自己愛を無尽蔵に膨らませ、「動物的個我」を全開にして生きています。
そうするうちに死の恐怖は徐々に増幅していき、われわれはなすすべもなく立ち尽くしてしまいます。

そういった動物的個我に執着する生き方を全身全霊で否定し、本能を理性に従わせ、愛によって生きることこそが、トルストイの理想でした。
人生や生存の無意味さといった弱気を克服し、動物としての惰性で生きながらえることをよしとせず、あくまで理性と愛の力を全面的に信頼し、限定的な動物的幸福ではなく、広大きわまりない人間としての幸福をつかむべきだとしました。それによって初めて死にまつわるすべてを超克できるのであると。

彼は、病気をきっかけにして真剣に死に向き合いました。その末に得た結論とは「生命は永遠である」ということでした。
「生死」は、何も赤ちゃんとして生まれたときとヨボヨボになって死ぬときに限定された問題ではなく、常に不断に繰り返されています。全身の体細胞は、今この瞬間も新陳代謝し、生まれ変わっています。意識にしたって、絶え間なき瞬間の連続であり、終始一貫した同一の意識なんてのは幻想の産物であって実際はありえないことです。
このように、生死は生命体の自然な働きなのだから、死もその延長線上に位置づけられ、むやみに怖がることはないとしました。「肉体の死=生命の終焉」という当時の常識(今もそうですね)を、あらゆる論証を駆使して打ち破っています。

全編を通して、文豪が命がけで訴える不滅の生命賛歌に貫かれており、現代に生きるわれわれにも力強く呼びかけています。

「あなたたちよ、目を覚ませ!快楽にほだされるな!自暴自棄になったり、動物になったりしてはいけない!人間としての最高最大の幸福を目指しなさい!すべての人間を愛しなさい!すべての人間に神性を見出していきなさい!科学的世界観によって矮小化された人間像に惑わされてはいけない!たとえ全世界を手に入れたとしても、たとえこの世のすべての財宝を手に入れたとしても、善なる魂を見失ってしまったら一体何の意味があるのだ!光あるうち光の中を歩みなさい!この世は喜びの世界なのだ!さあ、生の歓喜に踊ろうではないか!」

トルストイ先生の魂の叫びが、100年の時を越え、今も私の胸中に鳴り響いています。

「死の恐怖は、解決されない生の矛盾の意識にすぎない」―。

すべての人間は否応なく死に向かって直進し、老化し、朽ち果て、滅びていってるのに、われわれときたらそれに無自覚で、憂慮せず真摯に考えず、夕陽のように沈みゆく自己存在を、そうと気づかずに無邪気に外界に向かって笑顔で誇示・喧伝しています。
そのほかにも、いつまでたっても満たされることのない快楽を際限なく追求し、自己愛を無尽蔵に膨らませ、「動物的個我」を全開にして生きています。
そうするうちに死の恐怖は徐々に増幅していき、われわれはなすすべもなく立ち尽くしてしまいます。

そういった動物的個我に執着する生き方を全身全霊で否定し、本能を理性に従わせ、愛によって生きることこそが、トルストイの理想でした。
人生や生存の無意味さといった弱気を克服し、動物としての惰性で生きながらえることをよしとせず、あくまで理性と愛の力を全面的に信頼し、限定的な動物的幸福ではなく、広大きわまりない人間としての幸福をつかむべきだとしました。それによって初めて死にまつわるすべてを超克できるのであると。

彼は、病気をきっかけにして真剣に死に向き合いました。その末に得た結論とは「生命は永遠である」ということでした。
「生死」は、何も赤ちゃんとして生まれたときとヨボヨボになって死ぬときに限定された問題ではなく、常に不断に繰り返されています。全身の体細胞は、今この瞬間も新陳代謝し、生まれ変わっています。意識にしたって、絶え間なき瞬間の連続であり、終始一貫した同一の意識なんてのは幻想の産物であって実際はありえないことです。
このように、生死は生命体の自然な働きなのだから、死もその延長線上に位置づけられ、むやみに怖がることはないとしました。「肉体の死=生命の終焉」という当時の常識(今もそうですね)を、あらゆる論証を駆使して打ち破っています。

全編を通して、文豪が命がけで訴える不滅の生命賛歌に貫かれており、現代に生きるわれわれにも力強く呼びかけています。

「あなたたちよ、目を覚ませ!快楽にほだされるな!自暴自棄になったり、動物になったりしてはいけない!人間としての最高最大の幸福を目指しなさい!すべての人間を愛しなさい!すべての人間に神性を見出していきなさい!科学的世界観によって矮小化された人間像に惑わされてはいけない!たとえ全世界を手に入れたとしても、たとえこの世のすべての財宝を手に入れたとしても、善なる魂を見失ってしまったら一体何の意味があるのだ!光あるうち光の中を歩みなさい!この世は喜びの世界なのだ!さあ、生の歓喜に踊ろうではないか!」

トルストイ先生の魂の叫びが、100年の時を越え、今も私の胸中に鳴り響いています。

「死の恐怖は、解決されない生の矛盾の意識にすぎない」―。

すべての人間は否応なく死に向かって直進し、老化し、朽ち果て、滅びていってるのに、われわれときたらそれに無自覚で、憂慮せず真摯に考えず、夕陽のように沈みゆく自己存在を、そうと気づかずに無邪気に外界に向かって笑顔で誇示・喧伝しています。
そのほかにも、いつまでたっても満たされることのない快楽を際限なく追求し、自己愛を無尽蔵に膨らませ、「動物的個我」を全開にして生きています。
そうするうちに死の恐怖は徐々に増幅していき、われわれはなすすべもなく立ち尽くしてしまいます。

そういった動物的個我に執着する生き方を全身全霊で否定し、本能を理性に従わせ、愛によって生きることこそが、トルストイの理想でした。
人生や生存の無意味さといった弱気を克服し、動物としての惰性で生きながらえることをよしとせず、あくまで理性と愛の力を全面的に信頼し、限定的な動物的幸福ではなく、広大きわまりない人間としての幸福をつかむべきだとしました。それによって初めて死にまつわるすべてを超克できるのであると。

彼は、病気をきっかけにして真剣に死に向き合いました。その末に得た結論とは「生命は永遠である」ということでした。
「生死」は、何も赤ちゃんとして生まれたときとヨボヨボになって死ぬときに限定された問題ではなく、常に不断に繰り返されています。全身の体細胞は、今この瞬間も新陳代謝し、生まれ変わっています。意識にしたって、絶え間なき瞬間の連続であり、終始一貫した同一の意識なんてのは幻想の産物であって実際はありえないことです。
このように、生死は生命体の自然な働きなのだから、死もその延長線上に位置づけられ、むやみに怖がることはないとしました。「肉体の死=生命の終焉」という当時の常識(今もそうですね)を、あらゆる論証を駆使して打ち破っています。

全編を通して、文豪が命がけで訴える不滅の生命賛歌に貫かれており、現代に生きるわれわれにも力強く呼びかけています。

「あなたたちよ、目を覚ませ!快楽にほだされるな!自暴自棄になったり、動物になったりしてはいけない!人間としての最高最大の幸福を目指しなさい!すべての人間を愛しなさい!すべての人間に神性を見出していきなさい!科学的世界観によって矮小化された人間像に惑わされてはいけない!たとえ全世界を手に入れたとしても、たとえこの世のすべての財宝を手に入れたとしても、善なる魂を見失ってしまったら一体何の意味があるのだ!光あるうち光の中を歩みなさい!この世は喜びの世界なのだ!さあ、生の歓喜に踊ろうではないか!」

トルストイ先生の魂の叫びが、100年の時を越え、今も私の胸中に鳴り響いています。

「死の恐怖は、解決されない生の矛盾の意識にすぎない」―。

すべての人間は否応なく死に向かって直進し、老化し、朽ち果て、滅びていってるのに、われわれときたらそれに無自覚で、憂慮せず真摯に考えず、夕陽のように沈みゆく自己存在を、そうと気づかずに無邪気に外界に向かって笑顔で誇示・喧伝しています。
そのほかにも、いつまでたっても満たされることのない快楽を際限なく追求し、自己愛を無尽蔵に膨らませ、「動物的個我」を全開にして生きています。
そうするうちに死の恐怖は徐々に増幅していき、われわれはなすすべもなく立ち尽くしてしまいます。

そういった動物的個我に執着する生き方を全身全霊で否定し、本能を理性に従わせ、愛によって生きることこそが、トルストイの理想でした。
人生や生存の無意味さといった弱気を克服し、動物としての惰性で生きながらえることをよしとせず、あくまで理性と愛の力を全面的に信頼し、限定的な動物的幸福ではなく、広大きわまりない人間としての幸福をつかむべきだとしました。それによって初めて死にまつわるすべてを超克できるのであると。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

jmt********さん

2016/12/1923:26:01

チンチンがうずいて仕方なかったからしてしまいました。


本能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる