ここから本文です

耐震等級3における120ガルとは、どういう意味合いでしょうか?

sur********さん

2016/12/2423:19:05

耐震等級3における120ガルとは、どういう意味合いでしょうか?

サイトによって120ガルまでは無損傷と書かれています。

建築士の方は、耐震は人命を守るものであって、
建物を守るものでは無いと仰いますが、
耐震を高める=無損傷の範囲が広がるではないのでしょうか?

120ガルが160ガルになったところで大差無いと思いますが、
建物を守るためにも耐震を高めるという考えは、
発想がおかしいのでしょうか?
(耐震等級3における120ガルの意味合いも含めて質問です)

閲覧数:
187
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tai********さん

2016/12/2501:26:51

震度、マグニチュード(M)、ガル(gal)、カイン(kine)、
の4つの単位の一つです。

震度0 人体には感じない。
地震計に記録される程度。 0~0.8ガル

震度1 静止している人や、特に注意深い人のみが感じる。
0.8~2.5ガル

震度2 大勢の人が感じる程度、戸障子がわずかに動く。
2.5~8.0ガル

震度3 家屋が揺れ電灯等の吊下げものは相当揺れる。
8.0~25ガル

震度4 家屋の揺れは相当激しく花瓶などは倒れ多くの
人は戸外に飛び出す。
25~80ガル

震度5 壁に亀裂が走り、煙突/石垣等が破損する程度。
多くの人が強い恐怖を感じ、行動の支障を感じる。
80~250ガル

震度6 家屋の倒壊は30%以下で多くの人は立っている
ことができない。
固定していない重い家具が殆ど移動、転倒する。
250~400ガル

震度7 自分の意思では行動できないほど揺れる。
阪神淡路大震災
600~800ガル 400ガル以上
だ、そうです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる