ここから本文です

日本が「必要最小限度の実力」と称して核兵器を保有した場合、裁判所はどう判断し...

アバター

ID非公開さん

2017/1/117:37:18

日本が「必要最小限度の実力」と称して核兵器を保有した場合、裁判所はどう判断しますか?

閲覧数:
39
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mrk********さん

2017/1/119:04:22

原則的には日本の場合、原子力基本法により作らず持たずが法制化されている筈であり、核兵器を制作する事は法律的に規制されていると思っています。
非核三原則は内外に向けた国会決議ですので法的には拘束力がないというのが多分法律家が理解していると思われます。
国内で核兵器を作るとする場合には、原子力基本法の解釈について最高裁の見解が必要になると思っていますが、非核三原則の中の持ち込まないを無視して核配備する場合には、近年EU諸国で核保有出来ない国が核のシェアーをするというシステムを利用すると言う事が有り得るのかも知れません。
この場合も非核三原則について最高裁の判断を委ねると思われますが、私の個人的な思いでは、裁判所が日本の国防に重要な判断を下すとは思われませんので、政治的な決着で国防に対処すると思っています。
こういう事態は有ってはならない事ですが、最近のアメリカ軍が特に中華人民軍の原潜や潜水艦の監視力を上げているらしく、それに合わせて米原潜の活動も活発になっている話があります。日本が核を使わなくても、中国や朝鮮が核を使う兆候がつかめれば、米軍は躊躇なく原潜から核攻撃するだろうと思っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2017/1/222:20:14

核兵器の保有をどう判断するか?ですかね。こうした問題
は高度な統治行為として判断を避けるのが上級裁判所です。
最高裁の判事は首相が決めるようなもんだから出世したい
方は嫌われたくないでしょう。

ノー、プロブレムですよ~・・・(^ε^)-☆Chu!!

ter********さん

2017/1/123:18:08

核兵器は民間人を確実に巻き込む大量殺戮兵器なので、今後日本がどれだけ右傾化してもない話だと思う。

しかし、裁判所が触れる事は出来ないものだと思う。

mat********さん

2017/1/118:29:57

国防・外交に関する方針そのものに関する判断自体は所謂『統治行為論』によって判断をしない判例がありますので今後ともその方針になります。

また単に日本が核兵器の保有をはじめただけでは誰にも損害が発生していないので裁判を提起した人には裁判を起こす資格が無いことになるので門前払いになります。

仮に基地建設などで被害を被った場合には裁判を起こせますがあくまでも被った被害に対する裁判に止まりますので最大限認められても建設中止くらいであり核兵器保有そのものを変更する事は出来ないでしょう。

hop********さん

2017/1/117:53:12

裁判所は国防に関することにはノータッチだと思います

yuk********さん

2017/1/117:49:28

現実に政治家の中には、日本は核兵器の保持は禁止されていないという意見が多いです。非核三原則は法律で禁止したわけではありません。

したがって、裁判所は核兵器の保持を認める判決になると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる