ここから本文です

ヴァイオリンのF字孔って、最適の形なんでしょうか?

thi********さん

2017/1/118:43:30

ヴァイオリンのF字孔って、最適の形なんでしょうか?

もっと試行すれば最適な形状が見つかりますか?

閲覧数:
64
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

orp********さん

2017/1/609:51:53

弦楽器のサウンドホールの形はすでに試行錯誤が繰り返され、いろんな形がありますが、音響的にはいずれも大差ありません。それどころか、サウンドホールを持たない弦楽器もあります。

つまり音色も美観も趣味の問題なので、完成された楽器であるヴァイオリンに置いてはこれ以上やる意味もないと思います。

代表的なサウンドホールの形状は、円、f字、C字です。円はサウンドホールが中の方にある楽器(リュート、ギター、チェンバロ等)、fやcは左右にある楽器(ヴァイオリン、ヴィオラダガンバ等)につけられることが多いですが、近代の擦楽器(19世紀以降)はほとんどfです。これには理由があります。その中で最も重要な理由は次の2つです。

・強度的に優れている(cの場合は、cの内部にどこにも木目が繋がっていない部分が出来るため、そこが破損しやすい)。
・fの刻み目が目印となり調整がしやすい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nag********さん

2017/1/611:13:13

ヴィオラ・ダ・ガンバは「f」ではなく「C」なのでどうしても「f」じゃなくてはダメということは無いと思いますが、現在のヴァイオリンは既に500年の歴史を持っており、その間の試行錯誤の結果が「f」になっているのだろうと思います。
この孔は楽器の中、駒の一寸はずれのあたりに「魂柱」という柱を立てる、倒れた時に修理する、位置を調整するという為に必要であり、作らないという訳には行きません。
「f」となっている一つの理由には左右の「f」の横棒の部分のに駒を立てるという構造上というか、組立上の目安にもなっています。
楽器の上板に開口部があるということはそれだけ強度は落ちることとなり、出来るだけ細い孔にしなければならないという理由もある筈です。
ヴァイオリン族の「かたち」は女性のシルエットに例えられることがあり、女性を現す「female」の頭文字であるという説もありますが恐らく後から誰かが考えたお話だろうと思います。

the********さん

2017/1/119:56:01

まず見た目の美しさ、それから音響効果、楽器の強度、製作の際の都合など、様々な理由があるのかもしれませんね。

http://www.sasakivn.com/werkstatt/qa/floch.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる