ここから本文です

アニメ版「ベルサイユのばら」で物語後半、 フェルゼンがアントワネットに面会し...

アバター

ID非公開さん

2017/1/800:36:33

アニメ版「ベルサイユのばら」で物語後半、
フェルゼンがアントワネットに面会し、
いまも静かに愛しているとの旨を伝えた
場面があったはずなのですが、この時の
台詞が正確におもいだせません。

青い火のようにとかいったような記憶も
あるのですが定かでありません。どなたか
はっきり覚えている方教えていただけませんか。
確かアメリカの独立戦争に身を投じる前のような
後のような。。。あいまいですみません。
ところでこの台詞はコミック版でも同じだった
のでしょうか。さらに教えていただけると幸いです。

閲覧数:
164
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuz********さん

編集あり2017/1/814:26:06

おそらく、25話「かた恋のメヌエット」です。

独立戦争から還ってきたフェルゼンは、アントワネットにはもう会わないと決めていました。
しかし、民衆が…そしてフランスが変わってしまったのを見て、王室が危機を迎えていることに気づき、トリアノンに籠っているアントワネットのために会うことを決心します。

※アニメの一連の場面を抜き出したので、無駄なシーンも入っていますがご了承下さいm(_ _)m

――――――――――――――

アントワネット:
「よく……よくご無事で……」

フェルゼン:
「陛下にも……お変わりなく……」

――――――――――――――

アンドレ:
「オスカル。
銃の練習の時間だが、どうする?」

オスカル:
「あぁ……今行く。下で待っていてくれ」

アンドレ:
「オッケー」

――――――――――――――

アンドレ:
「それー!」

――――――――――――――

フェルゼン:
「新しく起こるものの力には、燃え上がる火に似た勢いがあります。
私はアメリカで身をもってそれを知りました。
このフランスでも小さな火がいくつか燃え始めています。
その火の粉が、王室に降りかかる前に消し止めねばなりません。
……もし、お許しがいただけますならばわたくしは、これからの半生……アントワネット様のおそばにお仕えする覚悟でございます。
7年の時を経て、私は知りました。
激しく心を燃やすことの愚かさを……そしてその危険を……!
もはや激しくは燃やしませぬ。
その代わり静かに、セーヌの流れのごとく、永遠(とわ)に、あなたへの想いをこの胸に、灯し続けるつもりでおります」

アントワネット:
「セーヌの流れのごとく……」

フェルゼン:
「はい……!」

――――――――――――――

アンドレ:
「ん?見ろよオスカル。渡り鳥だ。
帰って行くんだな……南へ。
やつらはどんなに自由に大空を飛ぼうと、
結局は帰って行くんだ。決まったところへ。
誰にも止められはしない。誰にも……」

――――――――――――――

フェルゼン:
「王后陛下、このフェルゼン、陛下の忠実な家臣として、申し上げねばならないことがございます。
この離宮より出て、ベルサイユ宮へお戻り下さい……!
陛下がここにお移りなさったために、多くの貴族たちが王室より心離れていったと聞き及びます。
すみやかに、ベルサイユにお戻りになり、貴族たちを呼び戻すのです。
今はせめて貴族たちだけでもお味方につけておかねばなりません。
そして、ポリニャック夫人やそのお仲間たちとも手
をお切りください。
一国の王妃が、お取り巻きの意見のみを重要視され、お取り上げなさることは、国の民はもちろん、王宮の中でも波風の元となります。
……その代わり、このハンス・アクセル・フォン・フェルゼン、故国スウェーデンを捨てます……!
王妃様の御為(おんため)、このフランスに、我が身全てをお捧げ致します……!」

――――――――――――――

中公文庫コミック版(全12巻)の8巻にこの場面がありますが、フェルゼンの最後の長台詞が載っていませんでした(^^;
コミック版は完璧ではありません。
セリフが違っていたり、順序が変わっていたり…それよりむしろ省かれているシーンがいくつもあります。大まかな流れを確認するために使うぐらいですかね。

集英社アニメシリーズ(全4巻)のほうが忠実ですが、やはり抜けている部分もあって完璧ではありません。
一部のセリフ(主に長台詞)が忠実な代わりに、ストーリーがかなりざっくりしています。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/1/822:01:35

    昔録っていたDVDでやっとご指摘の台詞に当たりました。長台詞の中の一部としてででていたのですね。報われぬと知りつつアントワネットへの告白。その成就を願いながら自らの恋を封印するために舞踏会にでるオスカルは泣かせますね。そしてオスカルやフェルゼンの心の揺れを知りつつどうすることもできずいつもの自分を演じるアンドレが利いてますね。
    このことが「愛に気づかないことの方が罪深い」という台詞に通じ、
    「アンドレならこういうだろう。そのままがいいと」に結びつくのですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/1/8 22:07:54

ありがとうございます。
明日彼女にいってみます。報われぬ恋に終止符を打つために。それで彼女が納得してくれるのなら。それをいうことで自分が気が済むのなら。できることはそばにいて見守ることぐらいだから。残りのすべてを捧げて彼女を守れるなら。。。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる