ここから本文です

アメリカが利上げをする理由はいくつかあると思いますが、何かあった時に利下げを...

apple manさん

2017/1/910:02:09

アメリカが利上げをする理由はいくつかあると思いますが、何かあった時に利下げをできる余裕を持っておきたいという理由もありますかね??

補足利上げは基本的に好景気の時にしかできません。

しかし、いつ景気が悪化するかわかりません。

好景気の今のうちに段階的に利上げをする事で、もし不景気になった時に余裕を持って利下げをできるようになるのではないか... と思い質問しました。

閲覧数:
103
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yoh********さん

2017/1/914:23:23

利上げをする理由は今のところ、「利下げをできる余裕を持っておきたい」というその理由だけですよ

利上げは本来インフレが過熱しすぎた時にそれを冷ますための政策だけど、今のアメリカの経済はそこまでの状態ではない

でも景気が悪いというわけでもない
それなのに超低金利を放置していたら、もし経済危機が起きた時に利下げという手段が使えない
だから利上げをするんだけど、利上げというよりも利下げ前の正常な金利水準に戻すというニュアンスが正しいと思う

質問者さんの言っている通りで間違いないと思うし、経済番組などに良く出てくる有名なエコノミストも、おおむねそういう見方をしてますね

下のほうに、この質問の意味が理解できないカテマスがいる事に驚きましたw

質問した人からのコメント

2017/1/16 18:39:37

皆さん回答ありがとう!勉強になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

チビランさん

2017/1/1413:31:02

それは多少うがったみかたです。利上げは「余裕」のためにできるほどなまやさしいものではありません。

景気の抑制要因なのでそれこそ失敗すると批判で火だるまです。たった半年で解除せざるを得なかった2000年の日銀ゼロ金利解除の大失敗を繰り返したいとはだれもおもわないでしょうから☆

tra********さん

2017/1/923:34:35

そんな見方もできるだろうが...今や「マイナス金利」まで出ましたらからね~

そういう意味での利上げって...あったとしても意味合いとしては薄い...

あの出来事のあと、各国が利下げしたが...その頃から「利上げのタイミングは利下げするより難しい」と言われていた...将来の「利下げ余地のために...」なんて理由でおいそれと利上げはできないだろうね。

ユストさん

2017/1/919:47:21

というよりも、今利上げしなきゃいつできるのか、という感じですね。米国一国を考えれば、それで良いのですけど

残念ながら、今利上げすると新興国からの資金流出が起きる恐れがあります。そこで、市場に衝撃が無い様に、前もって「上げるよ~」って繰り返し言った後で、少しずつ上げます

既に、景気は過熱気味、雇用は完全雇用に近づいています。非農業者雇用水準とか言いますが、全体の雇用者の内の極一部の数字ですし、余り良い指標とも思えませんが他に比較できる数値が無いので仕方無いです

1930年代米国は自分の国の経済過熱を不安視して利上げをしました。それが、世界経済にとてつもない影響を及ぼしました。ケインズは米国利上げを非難しました。その轍だけは踏みたくないというのが、FRBの立ち位置です

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2017/1/910:20:55

>何かあった時に利下げをできる余裕を持っておきたい

その通りです。

dav********さん

2017/1/910:17:03

意味不明な質問なんですけど・・・

「利下げをできる余裕」って何を差しての事ですかね???

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる