ここから本文です

耐震等級3は、120ガルまで無傷と書いてあったのですが、 無傷とは文字どおりの意...

sur********さん

2017/1/1221:05:02

耐震等級3は、120ガルまで無傷と書いてあったのですが、
無傷とは文字どおりの意味なのでしょうか?

ちなみに我が家(新築中)のスペックですがどう思いますか?

(地域係数が掛けられていたので、1.0倍に直しています)

平屋・重い屋根・耐震等級3

壁充足率(耐震)X方向:1.385
壁充足率(耐震)Y方向:1.681
全体:1.533

偏心率X方向:0.05
偏心率Y方向:0.02

存在床倍率 根太レス工法(剛床)
厚さ24mmの構造用合板 N 75 150mm以下 4周打ち
存在床倍率3.00

存在床倍率 屋根面
厚さ9mm以上の構造用合板及び厚さ9mm以上の構造用パネル
(垂木)転ばし、500mm以下(釘打ち)N 50、50mm、(屋根の勾配)30度以下
存在床倍率0.70

補足ご回答ありがとうございます。

>大きな地震によって塑性変形(もとに戻らず、永久的に残存する変形)が必ず発生

もちろん、震度7がくればそうだと思います。
元に戻る範囲もあると思います。

それが耐震等級1(80ガル)、耐震等級3(120ガル)なのでしょうか?

また元に戻ると言えば、層間変形角との関係はどうなるのでしょうか?
この相対が小さければ地震のダメージも小さいのでは?

素人なので説明お願い致します。

閲覧数:
354
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ble********さん

2017/1/1706:07:55

書いてある通りと考えて差し支えありませんが、厳密には無傷ははずはないのです。
『耐震等級』は安全に避難するための時間が十分にとれることを目的としており、大地震を受けた後にそのまま居住し続ける保証ではないからです。

大きな地震には、余震が大小多数あります。これは直近の熊本でも、変わりません。
木製の構造体では、大きな地震によって塑性変形(もとに戻らず、永久的に残存する変形)が必ず発生し、釘やネジの保持力も必ず低下します。残存する変形は大きくなる一方です。床・壁が柱に緊結されていてこその耐震性能です。新築時に耐震等級3であっても、大きな地震の後に再度同程度の余震を受ければ、1度目より深刻なダメージが発生することは容易に想像できます。木造建築は特に、大きな地震を複数回受ければ、建物から安全に避難可能な時間は、より短くなります。

最初の大地震による構造耐力の低下の度合いは、立地や積載荷重などの環境によって異なるので、一概に言えるはずもありません。
大地震を複数回受けた建物は、専門的知見をもつ人による実物の調査なくして安全は担保できません。どのような補強・修理をすれば住めるのか、も同様です。
『居住し続けること』を目的とするには、大きな安全裕度(=経済性低下)が避けられません。全体として、安全であったほうが良いですが、耐震等級を気にするより、基礎の強化などの不等沈下防止や浸水防止にお金をかけたほうが、災害とその後の生活への支障が少なくなると思います。
儲からないから、住宅 メーカーはそんなことは絶対に言わないと思いますが。

  • 質問者

    sur********さん

    2017/1/1718:59:48

    補足に入りきれなかったので、こちらに失礼いたします。

    >基礎の強化などの不等沈下防止

    具体的にはどうされますか?
    シングル配筋をダブル配筋に変える場合、圧密沈下も考える必要があるかと思います。
    日本は地盤が良くない土地が多いので、鉄骨などで家を建てると、どうしても地盤改良が必要になってきます。
    しかし地盤改良によって地震に強くなるわけでもないので、建物は軽い方が一般的には優位ではないかと考えます。

    そうなりますと、木造平屋が理想的です。
    その基礎は、長期優良住宅でもシングル配筋(D10、@150ぐらい)です。

    基礎の強化とは、では一体何を指すのか、私には分かりません。

    長期優良住宅のようなものを指しておられるのか、それとも「D13、@100」のシングル配筋を指しておられるのか、何でしょうか?

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/1/19 20:10:20

ご回答ありがとうございます。

「地震時の不同沈下に耐えられる基礎」が何なのか、それが問題になっているのだと思いました。
「設計時に想定しない応力」と仰っておられますが、それを言うなら上屋に対しても同じ理屈で強化が必要と思います。
そうではなく、上屋が耐震等級3であるなら、同程度の基礎が必要という事だと思います。


頂いたご回答は、別の方に指名質問で意見を伺いたいと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rik********さん

2017/1/1719:48:42

木造の設計は、ほとんど上部しか考えていない。

厚さ150mmでシングル配筋。これで耐震等級3というのもどうかと思いますが、融資の関係等でやあ無を得ない仕様では。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる