ここから本文です

国民国家の研究成果の社会還元についてお尋ねします。 私は歴史については中学...

rin********さん

2017/1/1412:19:16

国民国家の研究成果の社会還元についてお尋ねします。

私は歴史については中学で教わったことしかわかりませんが、
現代史や時事問題には関心があります。

明治維新、明治政府の設立が日

本に取って大きな転換期だったと感じています。
日本にとっては初めての国民国家の設立です。

日本百科全書(ジャポニカ)には、次のように書かれているそうです。
社会科学や文化研究の領域では、どのような文化・政治的装置によって国民という均質的な「想像の共同体」が現れたのか、国民は歴史的な構築物であるにもかかわらず、なぜ言語や民族によって一定の過去、伝統、文化を保持するものとして自明視されたのか、なぜ国民の形成が人種主義や性差別、外国人恐怖、階級といった社会的な差別構造を伴うのかといった事柄を分析する作業が進められている。

最後に「作業が進められている」とありますが、この作業の成果は、どのような形で社会に還元されているのでしょうか?
紀要や書籍を研究者が書いたり、学生を教育することが社会還元なのでしょうか?
研究者が官僚や政治家にアドバイスすることが社会還元なのでしょうか?

このあたりの現実を教えていただきたく思います。

閲覧数:
63
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

deu********さん

2017/1/1516:49:27

質問の趣旨とは異なるかもしれませんが、

御質問は、日本は国民国家である(国民国家が成立している)という前提で質問されています。

また、そのような前提で国民国家の研究を行う研究者もいるでしょう。

この前提が正しいのであれば、国民国家に関する研究には自らを国民だと自覚している一般の人々からの一定の反響乃至研究に対する要望があるはずです。

しかし管見の限りではそのような反響は見られませんし、

「もっと(国民国家に関する)このような研究を行ってほしい」という要望が大学や研究者に寄せられた、という話も聞いたことがありません。

早い話、一般の人々は国民国家に関する研究など興味ないのです。

ということは、一般の人々は自らを国民だと自覚していないのではないかという疑問が出てくるのです。

暴論だと思われるでしょうか。しかし国政選挙の投票率を見ても決して高い投票率が維持されているとは言えません。そもそも国民としての行動とはどのような行動か、という質問に答えられる人がこの国にどれだけいるでしょう。

私自身「国民的議論が必要だ」という言葉が政治家や識者から発せられるのを何度も聞きますが、そのような議論に参加したことも参加することを求められたことも絶えてありません。

結論を言いますが、私は日本に欧米と同じ意味で国民国家は成立していない、と考えています。つまり具体的な行動規範と理念、それを支える公共性を伴うという意味で日本に国民国家は存在しない、と思うのです。

つまり質問の前提が成り立たない、と思うのです。

質問した人からのコメント

2017/1/18 21:33:17

ご回答をありがとうございます。


「もっと(国民国家に関する)このような研究を行ってほしい」という要望が大学や研究者に寄せられた、という話も聞いたことがありません。
早い話、一般の人々は国民国家に関する研究など興味ないのです。
ということは、一般の人々は自らを国民だと自覚していないのではないかという疑問が出てくるのです。

国民国家ではないのでは、とのご指摘ありがとうござ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる