ここから本文です

交通事故の慰謝料について質問です。

h12060805hさん

2017/1/1415:52:34

交通事故の慰謝料について質問です。

私は男29歳で会社員をしており給料は税込32万です。昨年11月8日に、横断歩道を自転車で横断中、左折してきた軽自動車に跳ねられドクターヘリで病院まで搬送されました。

傷名は以下の通りで主治医の説明では今後の経過によっては緊急手術を行う必要があり、命の危険がある状態だと言う事と、視力や嗅覚を失ったり、計算記憶能力が著しく低下する後遺症が発生するかもしれないという説明でした。

外傷性クモ膜下出血、脳挫傷、頭蓋骨底骨折、前頭骨骨折、右眼下骨折、右頰骨折、鼻骨骨折、上顎骨折、左足第二指骨折、顔面各部裂傷などです。退院後の物ではありますがCT画像貼っておきます。

脳出血も収まり手術の必要もなかったことと、指摘された後遺症が何一つ発生しなかったことと、驚異的な回復で入院期間は11月8日から12月3日まででしたが、入院中は毎晩眠れぬほどの痛みと顎と体を固定され食事は流動食で非常に辛かったです。

仕事には1月9日から復帰しており事故日から復帰までの間は有給を使い会社を休んでいました。有給は計44日使いました。

現在は通院をしており主治医の話では症状固定まで最低半年から長くて一年と言われております。
通院のペースは週に2回整骨院に通い1ヶ月に一回ほど主治医のいる病院に通っております。

また、相手保険会社の話では過失割合は相手9私が1ということです。後遺症認定については顔面各部に傷が残っている事と症状固定でも全ては消えないとの主治医の話ですので傷の残り方によっては9級、もしくは12級の認定を受ける予定です。

上記の内容で過ごし5月に症状固定され後遺症障害認定が9級だった場合と12級だった場合の慰謝料、後遺症障害慰謝料、逸失利益、休業損害補償料は幾らが妥当でしょうか?またこのような内容の場合は弁護士を雇った方が結果的にお得でしょうか?法律や事故などに詳しい方是非お力をお貸しください。
よろしくお願い申し上げます。

ドクターヘリ,後遺症,逸失利益,弁護士,主治医,外傷性クモ膜下出血,後遺障害

閲覧数:
2,597
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鬼沢健士さんの画像

専門家

2017/1/1500:15:52

弁護士です。

>後遺症障害認定が9級だった場合と12級だった場合の慰謝料、後遺症障害慰謝料、逸失利益、休業損害補償料は幾らが妥当でしょうか?またこのような内容の場合は弁護士を雇った方が結果的にお得でしょうか?

弁護士に依頼するかどうかで金額は段違いです。

弁護士費用についても、依頼者が損しないように設定するのは当然ですから、
それを差し引いても大きなメリットが残ります。

等級が認定され、保険会社からの提示を受けてから依頼するのでも間に合いますよ。

重傷を負ったのですから、しっかりと適正な賠償を受けてください。
重大に事故になるほど保険会社の提示額は不当に低い提示になります。

回答した専門家

鬼沢健士さんの画像

鬼沢健士

弁護士

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

交通事故案件は、被害者側専門、完全成功報酬制が基本です。メール相談可。連絡先明記の上、保険会社提示書面をメールかFAXするだけで返答いたします。 料金表はこちら→http://jobanlaw.com/koutsuujiko.html 知恵袋経由の方は、1割引きです(報酬率20%の場...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

「交通事故慰謝料」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/1/2119:51:57

凄い大事故にも関わらず命を落とさず、また文面もしっかりとしていて素晴らしいと思いましたら、弁護士を雇うのが賢明な判断だと思います。主さんがこれからも人生幸せになる事を心から願ってます。逆に通常の保険だけと弁護士を雇い訴訟を起こすのは雲泥の差がありますので弁護士をつけた方が宜しいかと思います。最後に先ずはお身体御自愛ください。

aj332kaさん

2017/1/1417:44:51

>通院のペースは週に2回整骨院に通い
→「外傷性クモ膜下出血、脳挫傷、頭蓋骨底骨折、前頭骨骨折、右眼下骨折、右頰骨折、鼻骨骨折、上顎骨折、左足第二指骨折、顔面各部裂傷」は整骨院の施術で治るとは思えません。
整骨院へはどのような症状(医師の診断名は?)の治療のため通院しているのでしょうか?又、整骨院への通院は医師の同意の下での通院でしょうか?

>5月に症状固定され後遺症障害認定が9級だった場合と12級だった場合の慰謝料、後遺症障害慰謝料、逸失利益、休業損害補償料は幾らが妥当でしょうか?
→傷害慰謝料は治療期間と実治療日数が確定してからの検討となります。
後遺障害補償費は自賠責調査事務所から認定等級の連絡が来てからの検討となります。
休業損害補償費は勤務先から発行される休業損害証明書(含む源泉徴収票)により算定されます。

>またこのような内容の場合は弁護士を雇った方が結果的にお得でしょうか?
→後遺障害等級が確定し、保険会社からの損害賠償金の提示額を見てから弁護士併任するかどうかを検討しても十分間に合います。
相当の重傷だったと思われますので、先ずは経過観察をきちんとして早期の回復ができるよう医師の指示に従って治療をして下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2017/1/1417:37:29

大事故だったのにしっかりした文章で脳障害が残らなくて良かったですね。これも神のお導きかと。

まずは、何が何でも絶対に弁護士を付けるべき

後遺障害や事後の手術などの可能性も含めて、示談はまだまだ先にするべきだと言えますが、症状が安定したと医者が判断したら次に向けて動き出せばいいです。

弁護士を付けない場合は自賠責保険基準で1日4000円分位の慰謝料も貰えないし、後遺障害に関する金額も微々たるものです。
弁護士に頼めばかなり金額が膨らんで妥協できる金額の慰謝料になります。

取り敢えず交通事故に強い弁護士を探して、何割報酬で契約するのか相談する方向で行くべし。

得た利益の何割を弁護士報酬にするか?このケースで契約すれば、弁護士は取れるMAXの金額を相手に請求します。
取れば取るほど弁護士の報酬も増えるから必死になると言う事です。

この辺は弁護士と相談しましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bs124pさん

2017/1/1417:22:55

後遺障害認定を申請して等級が確定してから慰謝料の計算をしましょう。

今から算定しても、捕らぬ狸の...になってしまいます。

また弁護士も等級が確定して保険会社からの賠償金総額の提示があってからで十分まにあいます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dojzeさん

2017/1/1417:12:35

お得かどうかは解りません。
しかし弁護士の方がはるかに一般人に比べたら法律に詳しいのは確かです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。