ここから本文です

障害年金について。長文で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。 精...

アバター

ID非公開さん

2017/1/1501:49:08

障害年金について。長文で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

精神疾患での障害年金の申請を検討中、28才です。
10代の頃から体調不良(情緒不安定)があり、学業など生活が制

限され、22才頃まで引きこもっていました。
その後、社会復帰を2度しましたが、2回とも最終的に医師の診断の下、休職し退職しています。

初めて受診したのは、10代の頃(10年以上前)で母に連れられて神経内科?にかかったと思いますが、医師から仮病や気の持ちよう的なことを言われてしまい、その1度きりで、診察券もなく、どこの病院にかかったのかかわかりません。母も忘れてしまったとのことです。見つけたところで、カルテがない可能性が高いと思われます。

次に受診したのは、精神科で23~24才頃(ぎりぎり5年経つか経たないか)、そこでは病名はついていませんが、休職の意見書を書いてもらったり、薬も処方してもらいました。4~5回通院して、それ以降はかかっていません。
ちなみに、当時は年金を納めていたかわかりません。パートで働いてはいたのですが親の扶養でした。後日、年金事務所に母と行った覚えがありますが、未納か免除か、どう片付いたか覚えていません。

その後、25才頃正社員で社会復帰をし、年金を納められるようになりました。
体調は芳しくなく、25~26才の間に2ヶ所くらい総合病院へかかっています。結局、検査をしましたが原因不明でした。
26才(平成26年10月頃)都内の精神科で診断名がくだっています。3~4回通院し、27才(平成27年1月頃)に近くである心療内科に転院しました。現在まで通っています。
通院しながら仕事をしてきましたが、平成28年6月に休職、9月に退職し、現在療養中です。

・かかった病院がいくつかある
・5年以上前の病院がある
・年金を納めていた時期と、未納だった可能性がある時期がある※ちなみに、年金事務所で直近5年は未納なしと言われています。

長くなりましたが、質問です。
①初診日を調べなくてはいけませんが、どの時期にかかった病院へ行けば良いでしょうか?
②厚生年金と基礎年金がありますが、初診日によって変わり、支給額も変わってくるという解釈でよろしいでしょうか?
③現在、妊娠中です。出産は3月を予定しています。
障害年金の手続きをするなら、産前の今から動くべきなのか、産後に動くべきなのか、どのタイミングがよろしいでしょうか?
④複雑な手続きから、心身ともに負荷がかかると思います。社労士さんなど、プロの方にお願いするべきでしょうか?

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

閲覧数:
278
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lap********さん

2017/1/1709:38:29

①初診日は身も蓋もない事いえば診断書次第です。

23~24歳の頃にかかった2度目の病院?のカルテに、
以前病院にかかった事があると、問診の結果がかかれていれば、
初診日は10代の頃になります。(ごまかせない為)

逆にそのことに一切触れられていないなら、
23~24の頃の診断書で初診日にできます。
(初めての病院って事にしちゃう)

まぁぶっちゃげ診断書を申請して中身見てみないとわからないケースですね。


ちなみに初診日以降のかかった病院の通院記録も
すべて提出する事になります。
(病院で診断書と通院記録どっちも申請して書いてもらえる)
一般的に10年ならまだ診断書も残ってるはずです。


②支給額かわるのか?
10代の頃になると、支給額変わります。
20歳前障害基礎年金でググってください。


20代の場合は、数年の違いなんぞ100円前後しか支給額かわりません。
気にしなくていいです。



年金申請は時間との勝負です。まだまだ余裕といっても
何かの表紙にカルテ破棄されたり、当時の担当医師が死んだり?します。

申請するなら早いほうがいいです。



心身ともに負担はかかりませんよ。
病院で書類申請して、年金事務所に書類出すだけです。
しいていうなら色んな病院に書類申請いくのがめんどくさい・・・くらいかな。

原則社労士さん使うケースは、初診日が不明な場合。
初診日が不明だとほぼ確実に年金審査落ちるので、
あの手この手で小細工するために相談します。

逆に初診日がはっきりしてるなら、社労士さん使わなくてもほぼ確実に審査通ります。

まぁでも心配なら、貴方のケースの初診日はどうすればいいのか
はっきりと相談するのも手かもしれませんね。


カルテが無い場合や、調べてみた結果初診日がはっきりしない場合は
社労士さんに頼んだ方が良いです。

アバター

質問した人からのコメント

2017/1/21 08:10:17

ありがとうございました。
もう少し勉強します。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2017/1/1519:32:31

初診日は10代ですといいきっているカテマス回答は違うと思います。

初診日をどこでいくかは、あなたが決定していいものです。
10代は一度限りの受診のようなので私は、20代を初診日として請求をすすめてよいと思います。

20代を初診日として請求をすすめますが、病歴申立書には10代で受診したこと、またその内容はきちんと記載します。その上で20代での初診とする請求でよいと思います。そうした上で、10代が初診日となる可能性もあります。しかし、必ず10代を初診日としなければならないということはありません。

20代を初診日とするには、納付要件を満たしていなければなりません。満たしていなければ請求することもできません。だとしたら10代を初診日として請求するしか方法がありません。この場合は10代を初診日として請求をすすめます。

どうしたらよいかは、まずは納付要件を確認することからはじめるしかありません。納付要件を必要としない10代初診日も納付要件を必要とする20歳以降障害もどちらも市役所相談なので、確認が先です。それから請求方法を決定します。

yer********さん

2017/1/1515:30:49

A.① 初診日(初めて医師の診療を受けた日)を起点に、それまでの保険料の納付率が一定以上でなければ(20歳前を除き)障害年金の申請すら認めてもらえません。でも、初診日に年金制度未加入で保険料も全く納めたことがない方でも受給できる20歳前障害年金(旧法の障害福祉年金からの裁定替えも含む)もあります。
初診日が20歳前にあれば、保険料納付要件は問われない福祉的な意味合いの濃い障害(基礎)年金です。障害状態は2級以上該当が認定の条件です。
初診日を特定する証拠で一番効果のあるものは、医師の証明です。診断書を作成する病院が初診なら診断書で初診日が特定可能です。そうでなければ初診病院から別に初診日の証明(受診状況等証明書)を作成してもらい提出します。
A.②初診日は変わりません。質問者が10歳代でかかった病院が初診日になります。つまり20歳前障害年金になります。
A.③質問者が可能であれば早い方が良いと思いますが、年金事務所に何回も通わなければなりません。
初診日を充分に調べた上で窓口相談に行きましょう。
A.④初診日を特定するのが難しい方は、精神障害専門の社労士に相談(無料の場合も有り)した方がスムーズでしょう。(依頼すれば有料)
しかし確実に障害年金が受給出来るとは限りません。
下記一例を記載しますので参考にして下さい。

http://www.iizuka-nenkin.net/14053845064077

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる