ここから本文です

0フレットについて 大昔のギターには0フレットがついている物があります。 ...

aoi_namekujiさん

2017/1/1622:58:49

0フレットについて

大昔のギターには0フレットがついている物があります。
減るという欠点が有るかもしれませんが、弦高が低く弾きやすいギターが簡単に作れるような気がします。

これが新しいギターにあまり採用されないのはなぜでしょうか。

初心者用の比較的安いギターに採用すれば Fのカベ がなくなるのではないでしょうか?

閲覧数:
278
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/1/1721:36:38

>大昔のギターには0フレットがついている物があります。

1960年代に輸入されベンチャーズで一気に猛烈な人気ギターになったUSAモズライトギターに0フレットが付いていたので、
http://blog-imgs-18.fc2.com/z/b/t/zbtousiro/vsp_c.jpg
当時の国産エレキ(=テスコ製ほか)の多くが0フレット付きでした。
USAモズライトを忠実にコピーして名機となった全音(ゼンオン)モラレスギターにも当然ながら0フレットが付いていました。
http://kyotoya.net/blog/gk/img/img1805_file.jpg

>減るという欠点が有るかもしれませんが、

いえ、大丈夫だったみたいですよ。実は0フレット金属だけ(他のフレット金属)よりも硬くて摩耗しにくいものが使用されていましたので。

>弦高が低く弾きやすいギターが簡単に作れるような気がします。

はい、仰せの通りです。
そして、0フレット開放弦の音質が、(ナット式よりも)自然な音質です。(0フレットのおかげで、他のフレットでの音質と、同じ音質)。

「0フレットの無いギターはギターでは無い」の提唱者である寺内タケシ氏が西暦2000年代はじめに、ヤマハ社の特別プロジェクトチームと4年間にわたる試作と試行錯誤を経て新規開発されたヤマハ寺内カスタムギター(現行3代目定価約100万円)には勿論0フレットが付いています。
http://image.rakuten.co.jp/takayama78/cabinet/t20160919/61601220600...

>初心者用の比較的安いギターに採用すれば
>Fのカベ がなくなるのではないでしょうか?

はい、その通り同感です。

>これが新しいギターにあまり採用されないのはなぜでしょうか。

1960年代に輸入された有力USAエレキ(ギブソン製、フェンダー製、リッケンバッカー製)に0フレットが無かったからだと思います。また有力USAアコギ(ギブソン製、ギルド製、マーティン製)にも0フレットが無かったからだと思います。

<なぜ、有力USAギターには0フレットが無かったのか?>

推測ですが、下記のような事柄が関係していると思います。
「ナット式での開放弦の音質の違和感の大きさ」と「硬質金属で0フレットを付ける手間とコストの大きさ」とを天秤にかけると、有力USAギター会社は「前者よりも後者を問題視した」のだと思います。

もうひとつ、これは私の体験上の話ですが、
「低い音階のフレット(=第1フレット~第4フレット)をチョーキングをした場合」、
ナット式と0フレット式では「チョーキングされる弦の支点になる部位が1-2mm相違するので」すなわち「0フレット式ギターもチョーキング弦の支点は==0フレット金属より1-2mm遠い==ナット部位なので」、
「もし他のナット式のギターと同じ感覚で、0フレット式ギターの低い音階フレットのチョーキングした場合」、
(支点のナットが0フレットより1-2mm遠いので)(チョーキング不足になり)「チョーキング音程が上がりきらない」こういう微妙な不自由さ?は有ります。

<私見==0フレット式のギターが増えることを切望しています>

0フレットのおかげで、開放弦の音質が、他のフレットでの音質と同じ音質になるからです。「ナット式ギターの開放弦音質の違和感」を無視できない私です。

  • 質問者

    aoi_namekujiさん

    2017/01/1722:27:36

    ありがとうございます。

    メリットが有るにも拘らず、日本のメーカーは売れ筋を狙ってしまったということですね。

    しかし、ナットの加工、調整にかける手間、材料費とゼロフレットを設ける手間、材料費を考えると、私のような素人にはゼロフレットのほうが安上がりのような気がするのですが違うのですね。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/1/18 17:47:04

新しいギタに採用されていないのは、korgacetonerolandさんの仰るとおり、
1960年代に輸入された有力USAエレキ(ギブソン製、フェンダー製、リッケンバッカー製)に0フレットが無かったからというのが納得できました。
ギターが売れ始めた時にまだ、日本はコピー大国だったのですね。
korgacetonerolandさんには、ゼロフレット普及推進委員会の会長としてご活躍を期待いたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nondenai4さん

2017/1/1723:18:38

ヘッドレスの世界じゃ今でも0(ゼロ)フレットは生き残っていますぜ。オイラはヘッドレス・フェチなので、現在でも0フレット付きをベースで3本、ギターで1本所有しとりますよん。
0フレットはaoi_namekujiさんの言う通りの利点の他に、弦のゲージを変え放題なのも魅力です。いつもはLow-Bにしている5弦ベースを次のライブではHigh-Cで使おうかな、なんて時にナット溝幅の事を悩まなくて済みます。
でも、逆にちょっとだけナット側弦高を下げたいな、とか、イントネーションナットのように各弦別に1フレットとの間隔を微調整したい...などのワガママが利かないのも事実。だから、出来あがった製品を後から調整して出荷するということが難しいのが0フレットが主流になれない理由とも思えるのですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/1/1709:40:17

そー言えば消えましたね。
チューニング的にも0フレットの方が優れてますし。

ナットを作る技術が無かったので0フレットを採用したと。
安いギターの代名詞だったんですわ。
なので、それが付いてるとかっこ悪いイメージがあったんだろーなー。

Fの壁に関しては、確かにナットの高さも重要だけど、溝の切り方もいい加減だし、また意図してナットを高めにしてテンションもきつい切り方にして、ガシガシストロークするのに向いたセッティングで販売されてるものもありますね。
ネックの仕込みなどが雑でもビビらないってメリットもありますけど。

でも、一番は単音の練習をしないでいきなりコードをやるのに問題があると思いますよ。
押弦するのに適した場所もしらず、フレットワイヤーから離れた位置で押弦するとか。
ギターの構え方も手元を見ようとして仰向けにしてしまい指が届かないとか。
それも複数の弦を同時に押さえるコードだから目で確認しようとする弊害ですもん。
ピアノは譜面だけを見て弾く練習しますよ。
ギターも単音の練習である程度それやってからだと、コードダイヤグラム見ただけで、2弦の1フレットはここって指が自然におけるから必要以上にのぞき込むこともなく、正しいフォームで弾けるんですよねー。
最近のギターって安くとも、そうそう鬼レベルで弦高が高いものは少なくなってますし。
どっちかと言うと、基本フォーム、構え方と押弦の位置の問題だと思います。
それに対し、反復練習でそのまま指に覚え込ませたり、無理やり力任せに押さえる練習で指先の皮厚くして押さえたり、根性論で練習するから、壁になっちゃうんじゃないかなーと。
もっとありますよ。
腕と言うか、手首と言うか、の角度。
同じ角度で押さえたら苦手なコードが出てきます。
ドレミの練習は上昇で1弦側人差し指が1弦、小指が6弦方向に。
下降で5,6弦になると反対に6弦に人差し指、1弦側に小指になります。
この時の手首や腕の角度は違うんですけど、いきなりコードから練習すると同じ角度で弾こうとします。
これも壁を作る原因の一つかと思ってます。
Cは1弦側に人差し指、Fは6弦側に人差し指なのですから。
ドレミの上下練習をしっかりやると、自然に腕と手首を上手に使えるようになるんですけどねー。
ここではドレミの練習を終えたと言い切る質問者さんが多いので、スルーすることも多いですし、他の回答者様は違う意見をお持ちの方もいらっしゃるので掘り下げてませんけど。

ま、私論ですけどね。
Fの壁はドレミを飛ばしたことによって自分で作るものだと思ってます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/1/1706:00:25

こんにちは。
この質問は個人的にはあなたの言われる通りだと思います。

実際に〝ゼロフレットのないギターはギターではない〟というアーチストもいますからね。

特に開放弦との音の違和感を考えても…不思議なことだと思います。どんなに高価なギターを持ってきてもナットとフレットの音には差がありますから。

ただ唯一考えられるのが…そのフレットの交換なのでしょうか?ナットなら簡単に交換できるけど、フレットではそうではなくなるから…なのでしょうか?

すみません…何だか回答になっていませんね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

link_wrayyさん

2017/1/1623:59:35

デメリットとして、ナット側で弦高などの調整がやりにくいし、開放弦の音色を使えないっていうのもあるんじゃないかな
メジャーな機種で採用されてなかったら初心者向けの安ギターでも採用しないでしょう。かえってコストもかかりそうだし

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。