ここから本文です

クリーンディーゼル車について、アドブルーとはどのような働きを持つのでしょうか?

hat********さん

2017/1/1623:33:21

クリーンディーゼル車について、アドブルーとはどのような働きを持つのでしょうか?

閲覧数:
3,520
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jom********さん

2017/1/1811:05:48

アドブルーはディーゼル車の排気ガス中の環境規制対象物を処理する処理剤です。

ススPM、炭化水素HC、一酸化炭素CO、窒素酸化物NOx等の環境規制対象物が排出されますが、HC,COは加熱して酸化処理、PMはフィルターDPFで捕集し集めて燃焼処理が出来ます。

厄介なのがNOxで、ガソリン車で使う三元触媒は、酸素が有ると機能しません。希薄燃焼するディーゼル車は燃焼に使わなかった酸素が排出されます。

そこで考案されたのが、アドブルー(尿素液)SCR方式と希薄NOx捕獲LNT方式の2つです。

SCRは、排気ガスにアドブルーを噴霧混合して触媒の入った処理装置へ流すとNOxが還元されて、窒素と酸素に分離されます。
欧州でアドブルーの名称で開発され、主に大型車両向けで大きな尿素水を入れるタンクを積んでいます。

LNTは、NOxを捕獲するLNT触媒に、定期的に燃え残り(未燃ガス)の多いリッチスパイク燃焼でLNT触媒と未燃HC、COを反応させてNOxを還元します。
SCRと比べ小型化出来ますが、性能は劣り、燃費悪化、出力低下となります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2017/1/1701:45:02

メーカーの解説をご覧ください。
http://www.n-eco.co.jp/adblue/about/

NOx後処理装置(マフラー)内でアドブルー(尿素水)を噴射してNOxを窒素と水に分解することで、排気ガス中のNOx濃度を下げる仕組みですね。
軽油タンクとは別にアドブルー用のタンクを設けており、補充が必要となります。

マツダのクリーンディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)は、NOx後処理装置を設けていないので、アドブルーは用いません。
http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/cleandiesel_clea...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる