ここから本文です

護身術に良いのは、柔道、ボクシング、空手、合気道、この中ではどれが1番ですか...

神顔芸さん

2017/1/1819:09:30

護身術に良いのは、柔道、ボクシング、空手、合気道、この中ではどれが1番ですかね?

閲覧数:
648
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/1/2112:00:27

陸上だよ。
刃物を持った通り魔に遭ったときの最善の策は逃げること。
ガッツ石松が6人殴り倒したとか言っても相手が全員素手だからね。
格闘技のチャンピオンクラスの人でも刃物持った素人にケガさせられたとか殺された例は探せばいろいろあるんじゃね。

質問した人からのコメント

2017/1/25 03:56:34

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aab********さん

2017/1/1819:21:39

柔道か合気道が良いと思います。
受身の稽古をとても入念に行うため、怪我をしない。あるいは急所を打たせないようにもなれるでしょう。
空手も受身の稽古はありますし、捌き技も多くあるので、護身術として良いと思います。
ボクシングも躱す、防御するなどの点。また、おそらく最も走るので足も速くなるでしょうから、護身術としては最適だと思います。

まさか、相手を投げる、打つ、を前提として「護身術」なんて寝ぼけているわけではないと思って回答させていただきました。
たまに居るのが「相手を制圧する」のを護身術と称するバカです。

最高の護身術が何か、それは分かっておられないようですね。

aki********さん

2017/1/1821:39:54

相手をやっつけることを前提の護身は考えないほうが良いです。過剰防衛になる可能性があります。
個人的には、体も鍛えれて受身も身につく柔道が良いんじゃないかと思います。

みうさん

2017/1/1822:17:15

合気道だと思います。

少しの力で大きなダメージを与えることができます。

ダメージなら他の武道でも与えることができますが、空手や柔道なら、
殴る、投げるとなるので痴漢などの場合は痴漢したという証拠がなければ加害者が殴ってきたとか言ってくるケースもあるかもしれません。

合気道ならそのようなことは少ないと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/1/1823:06:02

素手のケンカは命まで取られないと思いますので
最悪でも殴られて財布を取られても許容範囲とし、
刃物を持った暴漢から命を守ることを想定した前提で行きます。

柔道は刃物相手に戦うことを考えると
どう戦っても危険が大きすぎるので選外です。

ナイフを持った人間はナイフで斬りつけることしかしてこないため
ボクシングの技術を使えばかなり戦えると思います。
ただ、ボクシングの技術はクリンチされやすいところに
一抹の不安があります。

カラテはローキックがありますのでナイフの射程距離外から
ダメージを与えることも可能です。上手く膝関節にヒットすれば
一撃で暴漢の走力を奪って逃げ延びることもできるでしょう。

合気道は刃物を持った手首をひねり倒すなどの
実戦的な護身技術が含まれるので、
ナイフを押し当てて脅すタイプの状況には強みがありますが、
ナイフを振り回して殺しに掛かってくるタイプの状況だと
掴むまでが大変なのでかなり厳しそうです。

以上を総合的に判断するとカラテが良いかなと思います。

kin********さん

2017/1/1823:53:07

ボクシングっすよ(=゚ω゚)ノ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる