ここから本文です

煩すぎる葬式のマナー 先日母を亡くし、葬儀をあげました。 私は22の既婚女性...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2014:15:05

煩すぎる葬式のマナー

先日母を亡くし、葬儀をあげました。
私は22の既婚女性ですが、
祖母や祖父に兄弟が大勢おり、父の仕事柄年配の方との付き合いも多いため、
周りにいる同年代の友人

と比べたら、今までお通夜や告別式に参加してきた回数はかなり多い方だと思います。(少なくとも制服が着られなくなった18から10回以上は出ています)

呼ばれた時は正喪服または準喪服を着用します。
前日ネイルサロンに行っていようが、すべてオフします。
前日ヘアサロンでピンクベージュに染めたばかりだろうが、黒に直します。
お化粧も粗が隠れる程度に留め、色は使わず、ピアスは全て外し、香典を用意し、数珠や白いハンカチを、ブラックフォーマルの鞄に詰めます。
そして、故人の方へ向けて、一人でゆっくりと黙祷をします。
慣れたのですぐに対応できるようになりましたが、
最初の頃はやはりあわてふためきました。
そして、それが普通だと思います。
大慌てで身支度を整える人も沢山目にしてきました。
喪服はクリーニングからあがっていたかな?
数年前に買ったものだけど体に合うかな?
白いハンカチはあったかな?
ラメやパールが入っていない化粧品はあったかな?
髪型はどうすればいいの?
ネイルはしてちゃだめなの?
香典に包むお金はやっぱり財布に入っているものではなくて新券を折った方がいいの?
お世話になった人だから無理してでも多少多く包まないと。
薄隅の筆ペンなんて持ってない、買いに行かないと。
もうこうなると側から見ていて故人を偲んでいる様には感じられません。
ただただ自分が恥をかかないように、
決められたルールだけを守っていれば後ろ指を刺されることはないだろう。
そんな考えしかないように見えます。
自分に近しい親という存在を亡くして、改めて痛感しました。

訃報の場合、急な知らせであることも多いです。
スケジュールがうまく調整できなければ、明日来てくださいと言われる事もあります。
そんな中で、慣れない人が全ての準備を完璧にこなせないのは、当然の事です。
70代80代の、経験も多い年配の方ならまだしも、20代〜40代の方なんて、
そんなに度々葬儀に出るものではないと思います。

遺族としては、服が、靴が、化粧が、なんてことよりも、
まずは亡くなった故人の事を考えて欲しいです。
格好や形式の事だけしか頭に浮かんでいないような姿を目の当たりにして、虚しくてたまりませんでした。
母の古くからの友人は、とてもショックであまりちゃんとした格好も出来なかったんだけど…と言いながら、膝が少し見えるセットアップを着て来ましたが、
全くもって失礼な人だとは思いませんでした。
それよりも一晩中泣いて真っ赤になったんであろう目の方がよほど印象的でした。

ミニスカートやドレス、真っ白い服なんかを来てくれば、何あの人…となるかもしれませんが、流石にそんな人は見た事ないですし、
ネイルが施されたままでも、髪色が明るくても、
故人の事をきちんと思ってくれていれば、遺族としてはそれで充分です。

マナーが、ルールが、決まり事は全て守らなくては、
それって人が亡くなった時に真っ先に考えるべきことですか?

将来自分が死んでも、まずは第一に体裁を繕うために奔走されるのかと思うと、葬式なんてして欲しくない、と感じてしまいます。
最低限の常識ってものはあるかもしれませんが、
完璧な姿ってそこまで大切ですか?
その準備をする時、故人の事など頭の中にありますか?

重箱の隅をつつくような指摘が蔓延り、
参列者もそれに合わせてバタバタと支度をする。
完璧じゃなくてもよくないですか?その時、出来る限りの事をしてくれたらそれで充分ではないですか?

みなさんは、突然の訃報を受けた時、
まず何を考えますか?
私の考え方は、非常識ですか?

補足すみません。
補足として纏めると、
・自分は何度も葬儀に参列していて当たり前のように準備が出来るが、出来ない人がいるのは当然だと思う。(準備出来ることを褒めて欲しいわけではない)
・むしろ準備が不十分なのはそこまで責められるべきことなのか疑問である。
・訃報を受けてマナーや決まり事のことばかり考えている人を見ていると、故人が亡くなった事実は蔑ろにされているように感じる。
・完璧でなくても構わないので、故人を偲び、その時自分に出来る事をするだけで充分だと思うのだが、それは非常識な考え方なのか?

要約すると以上のような内容になります。
色々長々と書いてしまってすみません。

閲覧数:
1,987
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nk_********さん

2017/1/2015:55:46

男性だと香典と喪服の準備
この位しかやる事が無いです
女性のほうが身なりに関しては
面倒なのは間違いないでしょうね
ネイルもスカートのひざ丈も男性のマナーじゃないですからね

あなたは数多く葬儀経験した上で
やりすぎじゃない?と思う点があるからいいんですが
何も経験してない人が
葬儀は心がこもってればなんでもいい
派手なネイルや髪のままでOK
私は私のスタイルでいいじゃんとなっちゃうと
常識知らずの人だねとなるんですよ
基本を知った上でやるやらないの加減をしてるのと
全く知識が無くてやらないのとでは
他人から見ると何となく分かりますよ

葬儀の経験値はあなたにあるけど
年齢を重ねた図太さというか
人生の経験値がまだ無いんでしょう
葬儀慣れしてても22歳だと
大人の世界ではまだ初心者マークですから
基本をどこまで崩していいとか
手を抜いていい事と抜いちゃダメな事が
まだ分かってないんだと思います
あなたは基礎を完璧に習得したのだから
手を抜くさじ加減をこれから覚えて行けばいいんですよ
手を抜いていい事や
律儀にする必要が無い事が
年齢を重ねると段々と分かってきます

マナー本やマナーサイトに書いてある事は基本に忠実すぎて
マナー試験に出るような事ばかりです
書いてあることを現実で全部やってる人なんていないです
年齢を重ねて行くと
・これは守るべき事だ
・やれたらやればいいけどやらなくても平気だ
・現実離れしてて今時やる人いないよ
このさじ加減が段々分かってきますよ

  • nk_********さん

    2017/1/2022:00:21

    補足について

    あなたの疑問は
    思春期に大人へ反発してる時に思う事です
    見た目や体裁なんかどうでもいい
    心が一番だ
    それが通じる場面もあれば
    通じない場面も世の中にはあるんです

    見た目と体裁と心全部が大事な場面
    見た目と体裁が良ければ心はどうでもいい場面
    見た目と体裁はどうでもよくて心が大事な場面
    上手く使い分けて世の中を生きて行くんです

    あなたは心が汚れてない思春期と同じなんですよ
    大人になれば嫌でも使い分けるようになります
    心はどうでもいいとりあえず見た目だ!
    見た目はどうでもいいまずは心だ!
    そういう場面をどっちも経験すれば
    あなたも分かってきます

    どんな回答を見ても今のあなたは
    納得しないと思います
    納得するのは人生経験を積むしかないんです


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ken********さん

2017/1/2611:51:02

ちゃんとした大人はいざという時のための準備は
ちゃんとできていると思います。

最低限お葬式に着ていけるブラックフォーマルや
靴、バック等。

ショックだからフォーマルじゃなくてセットアッ
プの意味がよくわからない・・・。ごめんなさい。

急だからそれらが用意できない事自体が恥ずかし
いと思われるのです。ただ今時多少髪色が明るい
くらいはそこまで言う人少ないですよ。少なくと
も渡しの周りでは。

ネイルはいくらお金をかけていても派手なら落と
すのが常識ですか。

tak********さん

2017/1/2114:55:03

忙しい中を急にバタバタと仕度を終え来てくれた方々への感謝は?

ppv********さん

2017/1/2019:34:25

回数を重ね 歳を重ね 経験を重ねて
自分で勉強する物ですから 人の事はいいでしょう!

tok********さん

編集あり2017/1/2019:27:17

私どもの地域では通夜・葬儀まで一週間あります。通夜にブラックフォーマルは準備していたみたいだ、というのが当てはまらないのです。ですから、通夜はともかく葬儀・告別式には相応しい装いが求められます。

弔問(ご遺体が家に帰ってきて納棺するまで)は普段着が習わしですが、出棺の辻送りはブラックフォーマルです。

で、色々書かれていますが、ご質問の「非常識」が何を示しているのかよくわかりませんでした。

故人とご遺族、ご親族の方々に弔意を示すために、それなりの支度を整えるのはごく普通のお気持ちで、形に囚われているとは思いません。冠婚葬祭では配慮が大切だと思います。

【補足に】
お身内を亡くされてこその思いですね。その点はよくわかります。
ただ、みなさんお弔いの気持ちがあるからこそ、会場に足を運ぶための身だしなみや持ち物に注意を払うのだと思います。
また、故人直接なのか、友達の親なのか、会社関係の方なのか、どなたに対して参列するかでも気持ちは違ってきます。支度にばかり囚われているとは考えにくいです。

・自分は何度も葬儀に参列していて当たり前のように準備が出来るが、出来ない人がいるのは当然だと思う。(準備出来ることを褒めて欲しいわけではない)

ご自分の経験は経験として、他者は関わりないです。

・むしろ準備が不十分なのはそこまで責められるべきことなのか疑問である。

責める方がおられましたか?いらしたとしたら、会葬に対する感謝がないのでしょう。
批判する方は親族同士や会社の同僚などか多いですね。

・訃報を受けてマナーや決まり事のことばかり考えている人を見ていると、故人が亡くなった事実は蔑ろにされているように感じる。

マナーに気を配るのが、お弔いの礼儀と考える方もいます。

・完璧でなくても構わないので、故人を偲び、その時自分に出来る事をするだけで充分だと思うのだが、それは非常識な考え方なのか?

あなたはそのように考えてくださっても、皆が同じではないのです。
就活に皆同じリクルートスーツを着るのと似ています。没個性が弔事でもあります。
ブラックフォーマルはそもそも略礼装です。

非常識なお考えとは思いませんが、少し極端かな、と感じました。

お母様のとこしえの安息をお祈りいたします。

sat********さん

2017/1/2015:37:12

所詮は他人の葬式ですから仕方ないです。
結局大切なのは自分です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる