ここから本文です

フッサールについてです。

luc********さん

2017/1/2014:59:38

フッサールについてです。

フッサールの現象学の欠点と思われる部分ってなんですか?教えて欲しいです。

閲覧数:
168
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2017/1/2015:35:54

フッサールの初期の「構成的現象学」はほとんど間違いだと思います。

後期の「発生的現象学」なら、ある程度正しいと思っていますが、でも、以前としてフッサールは近代哲学の諸概念を用いて考えているところは、まだ真に近代哲学の考えから抜けられなかった、と思っています。

自我・意識・主観などという言葉は、もう使うべきではありません。
事実、近代哲学を抜け出たハイデガーは使っていません。

質問した人からのコメント

2017/1/21 23:10:16

皆さん、ありがとうございます。勉強になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hei********さん

2017/1/2120:26:05

フッサールの世界(Welt)と超越の二項対立が私にはよくわからないのです。
WeltはLebenswelt(生活世界)とも言い換えられますが、生活世界を離れた神の視線で物事を人間が考えられるかどうか?というのは大きな疑問だと思います

adn********さん

2017/1/2115:52:22

高度な数学的教養が必要なので、読んで理解できる人が極めて少ないことではないでしょうかね(*´∀`*)

her********さん

2017/1/2113:52:14

ぼくは現象学は基本的に正しいと考えているので、あまり欠点とおもう部分はないですね。

たしかにポスト構造主義などで、フッサールの現象学はやりだまにあがったみたいですね。

ポスト構造主義はイマイチ理解できないのですが、「生の現場」に即していない理論的な構築だという批判でしょうか?

ぼくは「生の現場」というのは、たんに表現の実感の問題であって、理論構成としては現象学でいいとおもいます。現象学で考えて、芸術的に表現すればそれでいいのではないかとおもいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる