ここから本文です

小論文の対策方法を教えてください。対策しようとしても小論文にも色々あるみたい...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2720:00:04

小論文の対策方法を教えてください。対策しようとしても小論文にも色々あるみたいで困っています。過去問の傾向にあった具体的な対策方法を教えて欲しいです。

今まで小論文はやったことがないのに、二次で小論文が必要になってしまったので、色々と不安です。
浪人で独学なので、中々アドバイスをもらえる機会がなく、ここで質問させていただきます。

3年分の過去問の問いをこの下に載せました(2015年の問題は写真で)。志望校は、琉球大学法文学部国際言語文化学科ヨーロッパ文化専攻です。これで私の志望校の傾向が分かるのではないかと思います。この場合の小論文の対策方法を教えて欲しいです。
ちなみに大学のサイトには、過去問の所に出題の意図というものも載っていました。→http://www.u-ryukyu.ac.jp/admission/undergraduate-data.html


2016年(課題文あり)→問 筆者の問いについて、あなたはどう思いますか。あなたの見解を、「言語生活」、「言語技術」、「思考の合理化」というキーワードを必ず用いて、また具体例を挙げて論を補強しながら、一〇〇〇字以上、一二〇〇字以内でまとめなさい。

2014年(課題文あり)→問1 課題文で作者は、ジプシーあるいはボヘミアンのことを長々と紹介していますが、この人たちは作者にはどう思われていたのか。200字以上、250字以内で答えてください。
問2 課題文は日本の作家の海外体験に基づく話です。それはかおり高い日本語で書かれています。さて、もしあなたが留学したとして、留学先で日記あるいはエッセイを書くことになると考えてみてください。あなたはあなたの海外体験を日本の読者を想定して日本語で書きますか。それとも、ドイツ語、フランス語、スペイン語など留学先の言葉で書きますか。あなたの選択とその理由を900字以上、1200字以内で論じなさい。なお、これに関連する先人の事例について知るところがあれば、具体例を挙げて、論を補強しながら書きなさい。

ヨーロッパ系の学科なので、ヨーロッパ関連の本を読んでネタ集めをした方が良いのかなとも思ったのですが、ヨーロッパという範囲が広すぎてどの本を読めば良いのかも分からなかったです。

ちなみに、参考書は樋口裕一の「小論文これだけ!書き方超基礎編」だけは買いました。
添削が必要な場合は、知恵袋かネットの添削サイトにお願いしようかと思っています。長くなりましたが、回答よろしくお願いします。

小論文,ヨーロッパ,過去問,樋口裕一,言語生活,ナショナリズム ヨーロッパ社会,小論文対策

閲覧数:
2,666
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nic********さん

2017/1/2721:29:34

あなたは1200字を書くのに何分かかりますか?
毎日、小論文の練習をしている人は、即答できると思います。
そうなるまで、鉛筆を持って書く訓練を入試までやって下さい。
どのように小論文の対策をしていくのか、何がしかのヒントをお伝えできれば幸いです。

【1】沖縄大学(前)法文・国際言語文化・ヨーロッパ文化過去問の分析
(出典:過去問代ゼミより)
◇2016年度
金田一春彦『話し言葉の技術』を読んで、
筆者の考えについての自分の見解を、「言語生活」「言語技術」「思考の合理化」というキーワードを必ず用いて、具体例を挙げて述べる。(1000字以上1200字以内)

◇2015年度
フレデリック・ドルーシュ総合編集『ヨーロッパの歴史・欧州共通教科書』を読んで、
問1
1)課題文の著者によると、ヨーロッパ文明はヨーロッパ内のどの地域で開花したか。
2)自分は、なぜその地域に焦点が当てられていると思うか。
3)課題文において取り上げられていない、ヨーロッパ文明の発展に貢献したその他のヨーロッパ内の文明を一つ挙げ、それを挙げた理由を説明する。
1)~3)の解答を合わせて400字以内。
問2
1)課題文はもともとヨーロッパの国々の学者などによって教材として書かれた書物の一部である。この本はどのような目的をもって書かれたと思うか。
2)課題文にはヨーロッパの「境界も次第に変化した」とあるが、自分は現代ヨーロッパの境界をどこに設定できると思うか。
3)最後に、アジアでも同じような教材を作るとすれば、何を考慮に入れるとよいと思うか、その理由も述べる。
1)~3)の解答を合わせて1200字以内。

《私の傾向分析》
まず、2015年度と2016年度と傾向が異なるところに注目したい。
上記には挙げていませんが、同じ法文学部の他の学科や専攻も調べてみましたが、上記の2015年度の出題形式が、従来になかった形式の出題であることが分かりました。
▶2016年度のような出題が本来の問題形式と思われる。つまり、内容の条件は付けられるものの1000字以上の自分の考えを論理性を持って論述することが主体の小論文である。
▶テーマは人文系・教育学系の書籍からの課題文が多い。
▶後述する小論文を書く練習の前に、現代文の「要約問題」で200~400字の記述対策もした方がよさそうである。小論文の基本の訓練のためと、万が一、2015年度のような形式に傾向が逆戻りした時の対策でもある。

【2】小論文対策
自分の考えを論理的に文章にできる(論述)できる力を採点されます。小論文対策をしておけば、怖くないです。小論文対策の一般論を述べて回答の一端とします。

《文体形式》
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。(短文は不要の場合も)

《小論文対策》

①実際に書く練習を積むこと
練習材料としては、問題集が挙げられます。 この他、学校の先生に問題を出題してもらう、新聞やニュースなどで気になった事柄について自分の考えることを書いてみる、といったことも練習法の1つです。

②書き方を学んでいくこと
下の小論文講座や教材をやるといいでしょう。また、問題に取り組んだ後は、模範解答もじっくりと読んで、表現の仕方や、考え方の視点など、今後の参考にしていきましょう。 あわせて、自分の書いたものを第三者に読んでもらうということもおすすめします。自分の良し悪しを捉えながら進めていくことで、さらに向上していきます。できれば、書いた後、学校の先生などにお願いして、添削してもらうようにしましょう。

◆おすすめ小論文対策の教材◆
お手持ちの小論文の教材でもいいと思います。その他に挙げるとすると、傾向的には次のものも当てはまると思います。

[講義] 田村のやさしく語る小論文
[問題集] 吉岡のなるほど小論文講義10
[問題集]吉岡のなるほど小論文頻出テーマ16
[講義] 小論文を学ぶ
[問題集] 社会科学系 小論文のトレーニング(廃刊のため中古品要)
[類似問題]志望大学 小論文過去問

●(私の知恵ノート)俺流の小論文の書き方
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n283485

◎(添削)『小論文攻略ガイド』(Z会:高1・高2生向けコース)
/『Z Study サポート』

③知識をつけること
▶日頃から新聞やニュースに目を通すことがまず1つ、他には、新書や書籍を読んだり、『現代用語の基礎知識』(自由国民社)、『朝日キーワード』(朝日新聞社)といった時事用語事典や『現代社会の最新時事』(学習研究社)など、医療系に特化したものとしては『医系小論文 テーマ別課題文集 21世紀の医療 改訂版』(駿台文庫)といったものを利用したりするのもおすすめです。 また、集めたことに対して、自分の考えを持ってまとめておくとさらによいでしょう。


参考になれば幸いです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/1/2819:55:33

    長文での回答ありがとうございます。回答を参考にして、私が2月25日の本番までにする小論文の対策方法をまとめました。

    すでに持っている「小論文これだけ!書き方超基礎編」を一通り読む

    要約問題を解く→知恵袋、または有料の添削サイトなどで添削してもらう(先生に添削してもらうことができないため)

    「吉岡のなるほど小論文講義10」を解く

    「社会科学系 小論文のトレーニング」を解く

    「朝日キーワード」で知識をつける→気になった事柄について自分の考えることを実際に書いてみる

    「志望大学の過去問」を解く→ネットの添削サイトで添削してもらう

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/3 22:40:32

お二方とも丁寧に詳しく教えていただいてありがとうございました。

「小論文 対策」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sai********さん

2017/1/3000:24:19

なかなかおもしろい問題傾向ですね。

このあたりの古典として、やや昔の出版ではありますが、田中克彦『ことばと国家』は読んでおいて損がないと思います。ちなみに田中は社会言語学という分野の研究者です。このような学問があるということを意識しておいてください。
あと歴史系では二宮宏之『全体を見る眼と歴史家たち』か阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男』がおすすめです。まあ大学入ってからでもいいです。

新聞は毎日読んだほうがいいてしょう。とくにオピニオン欄や記者の意見が書かれているコラムは小論文を書く際の参考にもなりますから必ず目を通しましょう。
その際には例えば以下の用語にアンテナを張ると良いでしょう。
多文化 多言語 移民 難民 言語政策 国民統合 ナショナリズム ヨーロッパ社会 EU マイノリティ 少数民族

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる