ここから本文です

歯周病(?)での抜歯についてどなたかお知恵を。 25年ほど前に神経除去した奥歯...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2118:07:38

歯周病(?)での抜歯についてどなたかお知恵を。

25年ほど前に神経除去した奥歯の外側の歯茎が、
最近プクッと膨らんで、白い膿が出てくるように
なりました。(2,3日に一回くらい)
痛みは

特にありません。
薬用デントヘルス等で直そうとしたのですが、
あまり効果は無く、症状が繰り返してます。

歯科医に行ったところ、
・レントゲンを見ると歯(の根)が折れてるかもしれない、
・治療遅くなると周りの歯にも影響を与えるかも
との理由で、抜歯したほうが良いと言われました。

以前(20年ほど前)、その歯茎に強い痛みが発生したことがあり、別の歯医者でですが、
その時は歯茎からの外科治療で直した、事があります。

自分としては抜歯は避けたく、
1.歯茎から注射などで薬剤を注入して治療
2.歯茎からの外科的治療
3.詰め物外して神経管からの治療
のいずれかを勝手に考えてしてたのですが、
抜歯が一番良い選択でしょうか?
※1は、そんな万能な薬は無い。
2は、何となくはぐらかされた。
3は可能だが、歯が折れてるとその時点で
抜歯しかないと言われました。

このような状態の時、ベストな選択肢は
どうあるべきでしょうか??

補足歯周病を引き起こす菌に有効な薬剤とか
ないんですかね。。
それこそ、飲み薬でなおれば最高ですが。。
一部の癌ですら飲み薬で直る時代になりつつあるのに。。
歯医者の治療は半世紀かわらずっ、て感じで、
進歩なしですね。。

閲覧数:
630
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coo********さん

2017/1/2208:07:31

> 抜歯が一番良い選択でしょうか?

そう判断された、という事です。
もちろん、自費診療ならばその限りではありません。


>このような状態の時、ベストな選択肢はどうあるべきでしょうか??

プロである歯科医師の助言に従う事です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/1/2312:34:52

    コメントありがとうございます。
    歯医者さんの説明が腑に落ちなかったので、
    他に何かないかな、とお聞きした次第です。
    元々、2年ほど前の詰め物が(内側からの虫歯で)取れて、
    その治療メインで行ったのですが、
    20年以上問題ない歯もある中で、
    たった2年?という、不信感ありありの状況で、
    あまり信用できてない、という感なのでお聞きした次第です。
    別の歯医者ですが、過去にも、いきなりブリッジにしようとした歯医者も有り、歯医者不審な状況です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mus********さん

2017/1/2208:13:58

そもそも
抜歯しなければならない程度 折れてるなら
抜歯が 適応では?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

mus********さん

2017/1/2208:00:40

歯根が折れているという仮定で簡潔回答します。


単根歯なら抜歯、
大臼歯のような複数歯根のある歯なら折れた歯根のみ摘出、歯根の股が折れているのなら複数歯根のセパレート。

しかし歯根が折れている場合は上記の方法でも長期的予後は悪く、一般的には延命処置の一種だと考えたほうが無難ですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gak********さん

2017/1/2118:15:07

抜歯、噛み合わせが異常になり、顎関節症に発病する可能性が強まる。

その歯科医師で、抜歯しかないなら大学のセカンドオピニオンを受けたほうが良いのでは。




顎関節症ついて参考に。

噛み合わせ異常、異常ストレス、骨折等重度身体異常があると脳神経が失調する。それに続く、運動神経、自律神経も失調して脳、筋肉、血管、内臓、その他全身の器官が正常に機能しない。毒薬と同じ。

ひどい症状に発展するために自律神経失調、顎関節症、統合失調症、うつ病、パニック障害、メニエール病、耳管開放症、筋繊維膜疼痛等多くの病名がつけられている。

正常なかみ合わせ。高さ感知受容体・歯根膜が高さきつさ等の、違和感を感知しない状態。人間の永久歯はこのように生えてくる。これしか正常な噛み合わせはない。矯正、歯科人工物、天然歯の削り等で、破壊しているのが歯科医師。

歯根膜が違和感を感知しないように調整しなければならないこと、かみ合わせを破壊すれば重度障害、治せないことを説明しないために、多くの方が知恵袋でも被害を受けている。

医療文献を否定するので2年の保証義務をなくなる。


歯根膜は10μmを感知する。咬合紙では感知できない。当然歯科医師は、噛み合わせの調整などできるはずがない。

早期接触位置特定方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n366445

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる