ここから本文です

材料科学に関する質問です。 「共晶型の平衡状態図を示し、組織の模式図などによ...

tac********さん

2017/2/520:00:04

材料科学に関する質問です。
「共晶型の平衡状態図を示し、組織の模式図などにより簡潔に説明しなさい」という課題が出たのですが、組織の模式図をどうやって書いたら良いかわかりません。

状態図から考えて、6種類書けば十分でしょうか?また、α+Lとβ+Lの模式図をどうやって書き分ければ良いのでしょうか?書くときのポイントだけでも結構です。具体的な例が必要なら、Pb-Sn系合金で考えてください。
緊急ですので、どうかよろしくお願いします。

模式図,Pb-Sn系合金,固溶体,組織,平衡状態図,共晶,材料科学

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
728
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ste********さん

2017/2/521:31:04

共晶の固体部分の分類が一部おかしくなっています。

共晶を明示しないのであればα+βでも間違いではありませんが、
共晶を明示するのであれば共晶反応が起きる組成範囲を明示する
必要があります。

温度Teで発生する共晶反応は
「全量がα固溶体またはβ固溶体になる場合」
には発生しません。
よって、中央の共晶とされているエリアの、共晶線の両端の
外側領域は「母材となる固溶体α(またはβ)+析出する固溶体β(またはα)」
になります。
全量α(またはβ)固溶体になった状態から、固溶限を超えた成分を主とする
β(またはα)固溶体が析出するためで、共晶組織は存在しない状態になります。

共晶部分ですがもう少し分類するなら共晶点eの組成の左右で
共晶+α、共晶+βになります。
(この比は共晶線のすぐ上、共晶反応が起きる直前の
L+α、L+βと等しい)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる