ここから本文です

【パニック障害・アドバイス下さい】

アバター

ID非公開さん

2017/2/115:33:32

【パニック障害・アドバイス下さい】

経験談でも良いので教えてください。12年前にパニックと診断されました。最初から現在まで同じ病院です。

【症状】
①不安感(やばい死ぬ、怖い、誰か助けて、気が狂いそう、救急車呼んでみたいな感じ)、
②動悸、
③ふらつき(真っ直ぐ歩けないフラフラする)
④めまい、
⑤座っていても後ろに引っ張られる感じ、
⑥頭が重い、
⑦顔が火照る、
⑧たまに気持ち悪くなる、


【現在の処方】
A 毎晩パキシルCR25×1
B 頓服ソラナックス0.4×1、です。


【質問】
1. ここ2ヶ月位調子悪いです。パキシルを増やすべきでしょうか?完治は無理だろうとは思っていますが、家族がいるので仕事は辞められません。
何度か先生に『パキシル増やした方がいいかな〜、増やそうか?』みたいなことは言われていたのですが、抵抗があって『いや、様子見ます』で終わっています。

2 . パニック歴12年ですが、私の飲んでる薬の量や強さは多いのでしょうか?強いのでしょうか?

3 .過去に頓服で、メイラックス、セルシン、レキソタン、現在のソラナックス、と来ましたが、もし現在のソラナックスが効かなくなったら、他にどんな頓服があるのでしょうか?

4. 最近調子が悪いと書きましたが、息子の受験や、妻との不仲、借金、などで精神的に来てます。こういうのはパニックを悪化させますか?

5 何かアドバイスあれば。



宜しくお願い致します。

閲覧数:
275
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jag********さん

2017/2/823:41:19

元パニック障害持ちです。

4.ストレスがかかると、やはり具合悪くなりやすいと思います。

僕は完全にパニック障害は治りました。
あの時の苦しみを忘れてしまうほどです。
パニック障害は必ず治ります。断言します。

gaohoadさんが言っている通り、色んな物を食べると良いと思います。

良い大便をするのが良いと思います。
ヨーグルト、卵、味噌、納豆などがおすすめです。

僕も体調が悪かったときは、大便がスカスカだったりしていました。

  • jag********さん

    2017/2/823:45:32

    greco3500さんの回答は間違っています。

    僕はパニック障害が完全に治りました。

    不安にさせるような回答はやめてください。

    僕は完全に治りました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2017/2/816:27:35

私も、パニック障害になって12年。只今42歳。


ずーっっとメイラックスから離れられなかったです。
周りに、バカにされ辛い日々すごしてたし、悔しかったですよー。
1番楽しい時に、もしなったら… の不安。
一生お付きあいなや…と諦めてました、

でも自律神経を鍛えれば神経の誤作動やしと、代謝を上げるように、汗をかくって事に挑戦してみました。
基本、汗かけない人だけに、非汗はあっても気持ち良い汗無く、しかしたまに何かに一生懸命になって汗をかいた後凄く楽って気づきました。
っで、岩盤浴にいったり発作でるだろうなー。って時も、倒れたら倒れた時! やるしかない!っと諦めの気持ちですごしてたら、いつの間にか薬から遠くなってきて、いつでも飲めるけどもう少しいいかー、
って思ってたら、薬飲まなくなりました、

最初はパニック障害があるから、自分でしかわからんし、やれる事だけでいいやー。っと思ってたけど、人が出来て私が出来ないとか面白くないと思い、しんどくなったら救急車呼ぼ! っと軽い気持ちに考えるようになれてきました。

しんどいのがまた来る…
っと不安になりますが、私はなったら薬のんで寝たら一旦治まるのをわかっていたので、いつでも寝れる場所確保してキャパ広げました。

死ぬ時は死ぬ。
呼吸出来なくなったら意識なくなるし、苦しいのも忘れる!
っと、投げやりに生きてみてはどうでしょうか?
楽になりますよ。

真面目て、一生懸命な人がなる病気と言われてるので。

倒れてハジやしとか考えない!
倒れたら周りに任せばいーじゃないか!

夫婦不仲なら、周りの友達と仲良くすればいーし、受験も本人次第やし、世の中お金さえあればどーにでもなるんで、とりあえず働いて気持ちとお金の余裕つくりましょ!

gre********さん

2017/2/515:32:07

量としては少ないです。
頓服飲まなきゃ1錠ですからね。

パニック障害って治らないんですよ。
治す薬もありませんからね。
障害とは後遺症が残るものにつく言葉です。

抗うつ剤は、あくまでも症状を出難くする薬
精神安定剤は、一時的に症状を抑える薬です。

精神安定剤は耐性がつきやすいですが
しばらく飲まないとまた効くようになりますよ。

ストレスは神経によくありません。
パニック障害は脳、自律神経の障害です。
イライラしたり、悲しくなったり
怖い目にあったり、疲れたりするのは
よくありません。

ストレスフリーな生活環境を作り
規則正しい生活、日光浴、軽い運動を
してください。暴飲暴食、酒、タバコ
カフェインもダメですよ。

気候や気圧も関係しますが
これはどうしようもありません。

お大事に。

gao********さん

2017/2/207:06:18

失礼致します。
何かの一助となればと思い、勝手ながらパニック障害や鬱等の自律神経系の症状に関する方へ、個人的に良いと判断している部分をお伝えしております。

以下長文となりご迷惑をおかけしますが、よろしければご一読いただければ幸いです。

まず、症状として記載されている項目について感じたことをお伝えします。
動機やめまい、ふらつきについてですが、水毒症状によくあるものだと思いました。自律神経系に不調をきたしたりもします。
体内に知らずに、余分な水分が溜まってしまうものです。
余分な水分によって、不安感も出たりします。漢方医に相談されるなどして、よろしければ水毒に効くタイプの漢方をとられてみてはいかがでしょうか。

それでは以下長文となりますが、個人的に考える他の症状も含めた改善方法を記載致します。色々と失礼な記載があるかもしれませんが、どうかご容赦ください。


・日々の食事内容を見つめ直すこと。
現代は、栄養素の無い食事を知らず知らずに食べてしまう時代です。また、ダイエットや、隔たった食事事情によっては、大切な栄養素が体に入らないことで、精神的な症状が出ます。特にビタミンB類の不足によって、精神面が不調になります。睡眠障害含め、体調に問題が出てきます。肉や魚や卵もきちんと食べ、食物繊維等の含まれた「旬の」野菜も摂り、スーパーマーケットとは別の発酵食品を摂ることです。発酵食品とは、例えばぬか漬けやタクアンや梅干しです。
あと、脂質に注意することです。オメガ3系のアマニ油やエゴマ油を生のまま摂取することも良いことです。そして植物脂の様な良くない油を摂らないことも大切なことです。脳を包み込んでいるのは油です。良質な油を摂取することです。
*栄養は、サプリメントよりも固形の食物から摂ることです。サプリメントは、怪しいものがとても多い実情があります。

・内臓、特に腸に問題がないかどうか、確認してください。どちらかと言うと、女性は便秘に、男性は下痢になりやすいと言われています。腸がもしよろしくない様子でしたら、第一にそこを改善することを強く申し上げます。薬で治すのではなく、基本的には食事で治さなければなりません。薬と言うものは対処療法なので、根本から治すには日々の食事に意識を向けることです。
ところで腸は、体に栄養素を吸収します。腸に問題があれば、せっかくの栄養素があまり吸収されなくなります。それによって体の外や内臓に問題が出たりもします。栄養素が血液を通して脳に届かないと、不調は改善されないように思います。
腸に関しては、藤田紘一郎さんの腸に関する本を数冊でも図書館で借りるなどして読んでみて下さい。スラスラ読める本ですし、色々と目からうろこの内容でもありますし、面白く読める本です。日々を生きていくための、非常に大切なことが書かれています。
(ハラマキなんかもとてもおすすめです)

・漢方に関してです。
漢方は、その人の体に合うものをピンポイントでとれば、予想以上に改善してくれる面があります。本来苦いものでも、その人の体に合っているものだと甘味などを感じたりもして口当たりが良い様です。私の場合は、おそらくお酒を多く飲んでいたために、水毒症状が気づかずにでていました。少しフラフラしたり、目眩のようなものがあったり、体の冷えなどです。
私の場合はリョウケイジュツカントウ等によって、精神的な症状も大きく改善されました。人に合う漢方は、本などでお調べになるか、良い漢方医に巡り合うことで見つかるかと思います。

・最後に、体の冷えに関してです。
体が冷えていると、様々な不調が体に出てくるおそれがあります。体温計で、もし35度代であるのを確認した場合は、36度代にすることをおすすめします。
それは、食事内容と体を動かして日々を過ごすことで改善されます。
東洋の見方では、すべてのものには陰と陽とがあります。光と闇や、裏と表、男と女などです。食事にも陰と陽とがあり、陰性の食事や飲み物を摂り続けていると体が慢性的に冷えた状態となります。それによって、精神的な不調や、便秘、下痢、喘息、風邪、また水毒などの多くの症状、及び免疫力の大幅な低下が発生します。
体に触れてみて、冷えている部分はないでしょうか?
もしそういう部分がありましたら、改善させることです。その冷えた部分の臓器に良くありません。例えばお腹が冷えていたら、腸に問題となる可能性が高くなります。他の部分も同様です。
逆に、心臓部分は常に動いて熱を持っているので、まず冷えることはありません。
冷えないために、ガンになることも無いことと思います。
この冷えの部分は、石原結實さんの、例えば「東西医学」という本などを読んでみて下さい。他、体を温めることについての本もありますので、合わせてご覧になることをお勧め致します。
こちらも体を良くする大切なことが書かれた本です。この方の本も非常に大切なことが書かれていますが、少々隔たった部分もあるように思うので、過ぎない程度に実践されてみるのが良いかと思います。


精神的な不調を改善させるためには、まずは体の不調を改善させることをおすすめ致します。 すべて不調は薬で治せるように考えがちですが、決してそういうわけでもありません。
時間をかけて上記のことを続けることで、根本的な改善に繋がることと思っております。

お金はあまりかかりません。長い目でのんびりと行ってください。
副作用もないので、良くなることはあっても悪くなることは無いでしょう。

最後に、ひろさちや さんの本もおすすめ致します。こちらは健康に関する本ではありませんが、物事の考え方の面で心持ちが楽になるかと思い、ストレス過多の社会で生活されている人へおすすめしたいものです。


長文となり失礼致しました。

不調が改善されますことを、陰ながら応援申し上げます。

men********さん

2017/2/117:58:13

セカンドオピニオンは、、?


何故近年に同様の症状が増えたのかを考えてみてください。
本当に一般的に言われる精神的ストレスが原因だと思いますか?


その場で肩を上げずに十分な深呼吸ができますか?
また、姿勢の悪さ、顎関節症、慢性的な首肩のこりはないですか?


自律神経失調症のような症状も含めてパニック障害は自力で治しました。
治ってから言えるのは一般的な原因解釈、治療法には本当に妥当性があるのか?ということです。
また、「パニック障害」に限らず、多くの気分障害は同様に言えることかもしれません。

内科、歯科、呼吸器科、循環器科、心療内科、精神科などで総合的に診断を受けてみてください。
1箇所に固執せずに総合的にです。
また、原因の説明、治療方針についてはご自分でも妥当性を判断してみてくださいね。

パニック障害を治した過程を元に回答します。

私はパニック障害でしたが、併発していた症状、近年で急増した原因の医学的な解釈の不明確さから原因は精神的ストレスではなく、併発していた症状を含め原因は体にあると断定して自力で治しました。

深呼吸をしたときにしっかり吸えていない、肩を過度に上げないと満足にできない、肋骨に不可解な痛みや圧迫があるなどはありませんか?
私には慢性的な息苦しさがあり、頻繁に深呼吸をしていました。
ただ、深呼吸を何度しても満足に酸素が取り込めていない感覚があり、肩も大きく上げないと駄目でした。
それが今では全くありません。

平常時
(既に息苦しい)→うつ状態、自律神経失調

何らかの緊張(電車、広場、過去のトラウマ等)

呼吸の乱れ

パニック発作

人間は緊張すれば心拍数の上昇や体の筋肉の緊張があるわけですが、平常時に満足な呼吸ができていれば多少呼吸が乱れても何の問題もないものの、慢性的に息苦しい状態があると多少の乱れで許容レベルを超えて過呼吸やパニック症状が生じると考えました。

では何故、慢性的な息苦しさがあるのか?
(私は息苦しい状態を数年我慢していたため、更に悪化して明確な「息苦しさ」として認知できるようになりましたが、明確に「息苦しさ」を感じない状態でも体としては十分息苦しい状態になっている方が多いのではないかと思います。)

原因は姿勢の悪さによる「胸郭の歪み」でした。

胸郭、すなわち肺を囲む肋骨の稼動不良により肺が十分拡張できず、慢性的な息苦しさに直結していたという解釈です。
骨格の歪みなんていうものがあるなら、レントゲンでおなじみの整形外科でも指摘頂けそうですが、残念ながら整形外科では問題として認知できないようです。
私は3箇所の整形外科で同時期にレントゲンを取ってみてもらいましたが、全く指摘されませんでした。

でも鏡を見れば明らかに右肩が上がって、更に右肩が前傾、左肩が後傾し、右肩が極度に上げにくい状態でした。
更に同時期にあった以下のような症状も「胸郭の歪み」「体の歪み」の存在を確信させる要因になっていました。
・顎関節症
・片側の首こり、肩こり
・右肩甲骨の痛み
・首が痛くて左を向けない
・椅子に座ると真っ直ぐにならない
・立っていると真っ直ぐにならない
→全て自力で完治させました


体の歪みに注目してみてください。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。


この事に気がついて多くの症状を治すことができました。
深呼吸をしても肩は上がらなくなり、日常的な呼吸も非常に安定しました。


対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。
また、日常生活の中で姿勢を正すことも重要でした。
ちょっと過度に胸を張るように生活すると丁度良かったです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。


まずは背中のストレッチを進めてみてください。


やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。

・慢性的な首こりの原因と首こり解消法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898


・猫背の本当の原因とは
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815


・自律神経失調症の原因
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる