ここから本文です

高額医療費制度 限度額認定証で気を付けておくべきことは何ですか?

kos********さん

2017/2/119:21:45

高額医療費制度 限度額認定証で気を付けておくべきことは何ですか?

閲覧数:
1,152
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

non********さん

2017/2/120:17:35

あまりにも大雑把な質問ですね。

**入院するなら、月をまたがないとか、
3月1日入院、3月20日退院と
2月18日入院、3月10日退院
では、個人負担額が倍になります。

**病院のはしご受診しないでしょう。

病院はしごすると、高額療養費対象外の費用が増える可能性大。
年令に寄るが、21000円の縛りがあり。

**1ヶ月毎に通院、処方箋等の場合、
3月1日、4月1日、5月1日とするよりも
3月1日、3月31日、4月30とすると、
一ヶ月分の自己負担額が浮く場合有ります。

質問した人からのコメント

2017/2/6 08:10:29

勉強になりました。

「高額医療費制度」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hou********さん

2017/2/120:13:38

対象になるのは保険対象のもののみである。
健保(共済)の場合は、限度額は被保険者(組合員)の標準報酬月額によって決まる。
国保の場合は、限度額は世帯内国保加入者全員の所得等によって決まる。
医療機関(薬局)別である。
医科歯科併設の医療機関では医科歯科別である。
入院と外来は別である。
歴月(1日~末日)単位である。
(限度額適用認定証は)申請月の1日まで遡って適用される(ただし、資格取得年月では資格取得年月日まで遡って適用される)。

思い付くのはこれくらい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる