ここから本文です

エクセルで 平成18年10月から平成23年3月11日のように、始期が月表示で終期が年月...

jig********さん

2017/2/215:39:39

エクセルで 平成18年10月から平成23年3月11日のように、始期が月表示で終期が年月日の場合の月数を計算する方法を教えてください。(終期の日にちは削除して計算)。

平成23年3月11日はシリアル値なのでTEXTで年数、月数を取り出せましたが、平成18年10月の表記から18、10が取り出せません。平成18年10月を日付設定にしてもシリアル化されず、ユーザー設定で[$-411]ggge"年”m"月"でやって入力して=ーーTEXT(A1、”e”)とか=MONTH(A1)とかやってもうまくいきません。どうしたらうまくいくでしょう。よろしくお願いします。

閲覧数:
114
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

was********さん

2017/2/217:50:00

月単位の期間でしたら次式です。
=DATEDIF(A2&"1日",B2,"M")

1月~2月1日を「2」とするなら+1します。
=DATEDIF(A2&"1日",B2,"M")+1

  • 質問者

    jig********さん

    2017/2/220:17:33

    ありがとうございます。ほとんどうまくいきました。始期が平成12年4月のときはうまくいきました。平成12年3月ではエラーになり1月増やして計算事態は完了しましたが、平成23年3月11日と月が同じせいか。こんな場合はどのように修正すればいいでしょうか。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/2/216:20:39

きちんと素直に西暦を使っていれば、年月だけの入力で該当年月の1日に相当するシリアル値になります。なんの問題もありません。

日本年号を使ってしまったのなら、後ろに"1日"を追加してからdatevlue関数にでもぶち込めば西暦と同様に該当年月の1日に相当するシリアル値になるので、それからdatedif関数ででも計算しましょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

aka********さん

2017/2/216:16:17

平成18年10月を 平成18年10月1日に するには
A1に 平成18年10月
B1に
=EDATE(VALUE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(A1,"平成",""),"年","/"),"月","/1")),-144) で できます。

従って C1に 平成23年3月11日 とすれば
D1に =DATEDIF(B1,C1,"m") とすれば でます。

mit********さん

2017/2/216:01:35

例えばA1セルに平成18年10月とあり、A2セルには平成23年3月11日とあるとしたら次のような計算式でよいでしょう。

=DATEDIF(A1&"1日",DATE(YEAR(A2),MONTH(A2),1),"M")

上の式では1日を追加した文字にすることで平成18年10月1日としています。
また、平成23年3月11日は平成23年3月1日としています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる