ここから本文です

統計学において、標準化、標準得点、標準偏差、偏差値、それぞれの違いと意味をわ...

tak********さん

2017/2/522:50:04

統計学において、標準化、標準得点、標準偏差、偏差値、それぞれの違いと意味をわかりやすく教えて下さい。

閲覧数:
407
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nao********さん

2017/2/522:58:57

標準化、標準得点
z=(取った得点-平均点)/標準偏差 と計算することを標準化といいます。
これで得られたzを標準得点と言います。zの分布は正規分布となります。
標準偏差
得点から平均を引いた数値を偏差といいます。偏差の合計は0になってしまうので、得点から平均を引いた値を二乗した数値を合計して個数(n)で割った値を分散といいます。
分散は二乗した値となるので分散の正の平方根が標準偏差となります。この数値が分布のばらつきを表します。
偏差値
標準得点は平均が0点となってしまうので、これに50を足して平均が50になるようにしたのが偏差値です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる