ここから本文です

簿記3級の問題です。 この2~5はこれで合っていますか?

アバター

ID非公開さん

2017/2/613:18:51

簿記3級の問題です。 この2~5はこれで合っていますか?

あと1番のやり方がわかりません。
教えてください!
よろしくお願いします。




1. / 車両 4,000,000

2. 給料 900,000 / 立替金 50,000 預り金 160,000 当座預金 690,000

3. 当座預金 176,900 / 受取手形 300,000
当座借越 120,000
手形売却損 3,100

4. 現金 200,000 / 償却債権取立益 200,000

5. 当座預金 50,000 / 売上 250,000
受取手形 150,000
売掛金 50,000

補足写真がぼやけるので…

1、×2年7月1日に取得した車両(取得原価は¥4,000,000、残存価額は取得価額の10%、耐用年数は6年、減価償却方法は定額法・間接法で処理)を×7年8月31日に¥1,000,000で売却し、売却代金については翌月末に受け取ることにした。なお、当店の会計期間は12月31日を決算日とする1年間で、減価償却については月割り計算による。

2、従業員への給料の支払いにあたって、給料総額¥900,000のうち、従業員への立替金¥50,000、所得税の源泉徴収分¥100,000、および社会保険料の従業員負担分¥60,000を差し引き、残額を当座預金口座から従業員の預金口座へ振り替えて支給した。

3、かねて売上代金の1部として受け取っていた得意先振出しの約束手形¥300,000を取引銀行で割り引き、割引料¥3,100を差し引かれた手取金を直ちに当座預金口座に預入れた。なお、当座借越勘定は¥120,000の貸方残高となっている。

4、前期に貸倒処理した売掛金のうち¥200,000について現金で回収できた。

5は文字数で打てませんでした。
長いですがどうかお願いします

当座預金,受取手形,50 000,200 000,当座借越,3 100 000円,減価償却費

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m_flowerさん

2017/2/614:45:50

2〜5については正解です。

1については、以下の通りです

まずは、この車両の減価償却費を計算します。
購入価額4,000,000円、残存10%、耐用年数6年なので、
年償却額=4,000,000×0.9÷6=600,000円
購入(x2年7月)から前期末(x6年12月)までの経過期間は4年6ヶ月ですから、償却済みの金額は
600,000×4+600,000×6÷12=2,700,000円
これが車両減価償却累計額の金額です。
当期は売却時(x7年8月31日)までに8ヶ月が経過しているので、月割の減価償却費は
600,000×8÷12=400,000円
減価償却累計額と当期の減価償却費の合計が3,100,000円なので、売却時の車両の帳簿価額は
4,000,000円-3,100,000円=900,000円
と計算できます。
それを1,000,000円で売却したので、差し引き100,000円が売却益となります。

車両減価償却累計額2,700,000/車両4,000,000
減価償却費400,000/固定資産売却益100,000
未収金1,000,000/

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/6 14:48:57

2〜5合ってましたか!
嬉しいです!

回答してくださって本当に助かりました。
とても困っていたんです…

本当にありがとうございました!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。