ここから本文です

保険の比較について 生命保険や医療保険の内容や保険料などのプランを 色々な...

RAMUWAKAさん

2017/2/1511:19:33

保険の比較について

生命保険や医療保険の内容や保険料などのプランを
色々な会社で比較したいのですが
保険の窓口や保険見直し本舗?

(すみません、勉強不足で名前はよくわかりません)
など数社扱っている店舗に相談し行っても問題ないでしょうか?
そのような所へ相談しに行っても
結局、その店にとってバック率の高い保険会社を勧められたりするのでしょうか?

選ぶ側の立場で相談に乗ってもらえるなら、
そういうところに相談しに来たいのですが・・・

やはり自分で1社1社見積もりを取って
比較したほうがいいのですか?
各社の営業マンから連絡が一気に来るのも
疲れてしまうな・・・と思います。

閲覧数:
437
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

umi********さん

2017/2/1511:51:54

バック率の高い保険会社ね、
これはわかりませんが、それをしたら
信頼はなくなりますよね。

基本各社保険契約の代理店に入る
お金は同じだと思いますよ。
そうしないと、ほかの保険屋さんから
クレームきますよ。

保険は奥が深い。
素人ではうまく丸め込まれます。

基本をおさえておきましょう。

生命保険
いくら必要か。
これは死んだときに出るお金。
子供がいるならその子供が成人になるまで
必要な金額が目安。

ポイント
終身保険
65歳支払い完了
支払額は定額

この3つはおさえておきましょうね。
恐らく、終身と定期保険を組み合わせを
提案してくると思います。

医療保険
入院日数、1日の給付額、で金額は決まります。
1日5000円で良いのか、10000円いるのか、
入院日数が2ヶ月で良いのか、4ヶ月いるのか。
それと、初日から支払われるのか、3日後7日後
からなのかで大きく違います。

ポイントは上記と同じ

あとは個別の病気のリスクをどのように考えるか
だけです。
ガン家系なら、ガンは手厚くとかね。
女性なら、女性特有の病気を強化とか。
先進医療特約は必須です。1ヶ月数百円です。

聞けば聞くほどわからなくなります。
またプランナーのセンス次第の所が大きいのも
事実。
焦る必要はありません。総額100万単位の契約です。
100万の商品買うのに1日、2日で決めませんよね。
あなたのペースで後悔ないように。

質問した人からのコメント

2017/2/20 10:02:15

ありがとうございました。

終身保険
65歳支払い完了
支払額は定額

これを基本にして
考えることにしました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/2/2000:49:59

来店型ショップは担当者の当たり外れがあります。親身になって相談してくれる人も一定数存在しますが、成績になる保険を勧めたくなるのが人情ですね。

手間暇はかかりますが、複数のショップを回るのもありですね。事前にある程度下調べしておいた方が、不要な投資性商品(販売手数料が高い)を売りつけられなくて済むと思います。

保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
http://hoken-support-guide.net/

~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)
・本当に役立つ保険の選び方!保険料・保障+”診断書”比較のすゝめ(告知書(診査)・調査 )
・保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ(ご挨拶・その他 )
・本当に必要なアフターサービスとは?/保険金請求スキル調査のすゝめ(ご挨拶・その他 )

mmm********さん

2017/2/1600:39:32

バックがあります。
保険の窓口ほどいい加減な所はないと思ってます。
65歳払い込みの終身保険は
私は嫌いです。
月々安い65歳払い込み終身は、保険の内容が薄い。
厚くすると 高くなる。
生活が変わった時に見直すのが一番です。

払い込み免除特約が厚い会社が好きです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aaa********さん

編集あり2017/2/1511:41:50

あなたがまず、保険について詳しくなければ、代理店での見積もりプランは、その方の価値観でオススメされて加入することになりますね。

また、国内生保は担当者というのがつくので、その会社の商品のなかでオーダーメイドできるのと、その後の保険の管理をやってもらえますよ。

あなたが保険をどんなリスク対策として考えているか、また現在の収入、支出、今後のライフプランに合わせて組むことは、生命保険会社どこもおなじです。

確かにたくさん聞くのは疲れますよね??

だとしたら、まず、あなたが知識をある程度学ぶことがいちばんいいようにされない対策ですね。そのためには、生命保険についてのランキングではなく、生命保険とはどんなものか、公的保障はどんなものがあるのか、から入っていかれるとよいのでは?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる