ここから本文です

ASKAさん 告白本について 2月17日発売の第二章、第三章で不起訴になった流れ...

kei********さん

2017/2/2018:35:46

ASKAさん 告白本について

2月17日発売の第二章、第三章で不起訴になった流れのものを
見たんですが、少し?

的な感じでした。

簡単に言えば刑事が覚せい剤成分を調べる検査を行うと知った
そこで、何かしたいと思いスポイトで妻が
刑事あてに持ってきたお茶を吸い上げ
一瞬ドアが閉まったときにカップに押し込んだ
しかし、科捜研で調べたとして
何故か覚せい剤成分が出た
しかし、成分はお茶の成分もある
理由は、そのスポイト自体が
過去に覚せい剤を行ったときに使用してたもので
先端には付着してた
そもそもそのスポイト自体は押収されず
その後、実際に自宅にあった
なので検出自体が微量であったということみたいですが

流れ的には間違ったことを警察がやってるのに訂正などもなく
それが許せなかったということですが
最大の疑問は、科捜研がなぜお茶の成分が検出されてる時点で
これは、尿ではないと判断できなかったのでしょうか?
体内から出たのとそうでないのは
分かるそうですがどうなんですかね?

後、ASKAさんがやったことってこれは
正当ではなくやはりおかしくないですか?

閲覧数:
202
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

one********さん

2017/2/2313:44:19

ASKAは覚せい剤の陽性反応という意味を勘違いしています。

本では、過去に覚せい剤を使用していた時に使ったスポイドを利用したので陽性反応が出たという説明をしているようです。

しかし、覚せい剤自体が出ても陽性反応とは言いません。

覚せい剤自体が見つかった場合は『覚せい剤所持罪』になります。

覚せい剤の陽性反応というのは人間の体内から出たものに覚せい剤を使用した反応があったということです。

この場合は『覚せい剤使用罪』になります。

今回は陽性反応が出たのですが、その尿がASKAのものだと証明することが出来なかったのです。

警察の明らかなミスです。

質問した人からのコメント

2017/2/23 17:42:28

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

not********さん

2017/2/2313:53:42

科捜研の検査で覚せい剤反応陽性が出ているのですからASKAさんが提出したのは尿なのでしょう、ただお茶だと後で言ったので尿採取時に警察官が立ち合い確認していないので尿を提出したことを証明できないだけでしょう、

ASKAさんがやったことはおかしいですが、おかしいことを証明することができないので不起訴になったのですね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sam********さん

2017/2/2019:26:06

嘘野郎なので、絶対捕まります。ウンコ野郎者どもはおしっこおじさんが殺してくれます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる