ここから本文です

格差問題といってもどちらかといえば金持ちがより一層金持ちになっているだけで文...

ott********さん

2017/2/2312:32:31

格差問題といってもどちらかといえば金持ちがより一層金持ちになっているだけで文化的な生活水準を下回るような人々はごく一部しかいないんじゃないでしょうか?

閲覧数:
35
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qta********さん

2017/2/2312:33:40

それならこんなに問題にはなりませんよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

d04********さん

2017/2/2411:24:26

ちょっと違う。
金持ちはどんどん金持ちになっているのは確かだけれども賃金の水準そのものは実はそんな変動してない。年齢層の変化ってのがモロに来てるから下がってるようには見えるんだけどね。
でも文化的な生活水準という奴はそんなものと関係なく年々上がっていく。
となれば賃金が変わってなくても水準を下回る人々は出てくるわな。

で、ここで重要なのは金持ちは金のない奴から毟っているわけではないってこと。
こいつらはメインとして金融、株とかで金をガッポガッポ稼いでいる。ただこの場合は稼いでいるというより増やしているというのがより正しいんだけれど。
まぁこりゃ当たり前の話で、100円で買った株券が時価で1000円になったことを考えればいい。差額で900円儲けたことになるけどこれは別にどこかから引っ張ってきたわけじゃなく、どっちかというと湧いて出てきた900円だ。これが金持ちがより金持ちになる仕掛け。金持ちは比喩じゃなくて金の涌く泉を持ってるってこと。
だから金持ちが金を増やす理屈と貧乏人が金を失う理屈の間に関連性はあんまりない。別個の問題とすら言ってもいい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tur********さん

2017/2/2322:57:34

ここ何十年も日本のGDPは変わらず、人口も横ばいなのに金持ち層が厚くなってるってことは、単純に中流以下の階級から金を集めてるということで、その中には貧困層に陥ってる人も多数いるのは当然だと思います。

景気拡大してて、全体のパイが増えてるんなら別の話ですが、現状は残念ながらゼロサムの世界ですからね。

一人、金持ちで1億稼ぐ人が10億稼ぐようになると、平均で年収100万落とす人が900人必要ですからね・・・

その中には、年収200万以下のような労働力の再生産(家庭を持ち、子供を作る)もできないような層が確実に大きくなってるし、資本主義下では先細りで未来のない状態だと思います・・・アメリカのように低賃金層を延々と移民でまかなっていくんなら別ですが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる