ここから本文です

名古屋の美容整形で、32歳、女性が死亡。 「東海美容外科クリニック」 聞いた...

アバター

ID非公開さん

2017/2/2818:22:05

名古屋の美容整形で、32歳、女性が死亡。
「東海美容外科クリニック」
聞いたことのない病院でした。
雑居ビルに入ってた病院だったようですが。

どの程度の腕だったのかを知りたいです。

ホームページが削除されてしまったようですが、
医師の経歴を教えてください。

補足1984年三重大学医学部卒業後、泌尿器科、麻酔科の研修医を経て同大学の博士課程で医学博士号を取得し、腎臓内科、泌尿器科の専門医となる。
1991年からは、米国ミズーリー州の病院の循環器内科にて、再生医学に関する研究に従事。帰国後、三重大学医学部に復職し、講師となる。付属病院では泌尿器科手術を任される。
2001年11月に開業。

形成外科のキャリアなし、なのですね。

患者は、豊胸手術で亡くなったようですが
亡くなったのは、メスを入れた後だったのでしょうか?
お気の毒すぎます。
局所麻酔で、死ぬ事なんて、あるのでしょうか?

閲覧数:
5,174
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coc********さん

2017/3/622:37:32

局所麻酔だけに限らず、薬剤には何でも数パーセントは副作用がつきものです。
医師達は、それを理解した上で手術や処方をしています。
その患者の体質であったり、その日の体調も影響するとおもわれます。
医師ばかりを責めることはできないのではないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bj1********さん

2017/3/621:33:56

何年か前に手術してもらいました。
ここの病院の先生は、聞いたことをハッキリ答えてくれるし、術前検査もアフターもしっかりとしてもらいました。
手術もすごく腕がよかったです。

ホームページ削除されてなかったですよ。

hrn********さん

2017/3/620:52:59

美容外科で手術を受けたことはありますが、というか美容外科以外の科でも、する前にアレルギーの説明は受けていますのでその際に、「医療行為というのは合併症が起こりうる」ものですので、そのためにも同意書も取ります。
麻酔全般に起こりうるアナフィラキシー・ショックは、何万分の一かの確率で起きますし、こればかりは避けられません。患者さんも、病院側もお気の毒でしたね。

bb1********さん

2017/3/306:31:50

どうやら局所麻酔でなくなったようですので豊胸だとヒアルロン酸系の注入物系統の施術かと。バックなら全身麻酔ですからね。
本当怖いですよね局所麻酔でお亡くなりになるだなんて…

ing********さん

2017/3/214:50:57

キシロカイン・ショックという病態が存在します。
http://fukusayou.life-nice.com/cat0002/1000000061.html

キシロカイン・ショックは美容形成以外にもキシロカイン
を使用する現場、全てで発生する可能性があります。

美容形成は本来、火傷の痕、顔面母斑、口蓋裂の治療などの
医学的適応目的で行うもので、この場合は医療目的ですから
キシロカインショックを起こしたら現場で救急対応する
必要があり、そしてそのための機材も常備してありますが、

豊胸術など病気でもない美容形成手術を受ける場合、医療上の
必要ではないので死んでも自己責任です。

これから二重まぶた、豊胸術などを受ける人は覚悟して下さい。

sri********さん

編集あり2017/3/302:00:29

私は薬剤師です。
こちらの医院で豊胸手術経験者なので驚き注目してニュースを見ています。

昨日のニュースでの警察発表は
司法解剖の結果
「死因特定できず」「手術に問題なし」と報道されました。
新聞では、「致命的な外傷はなく死因が特定できない」とあります。
今後「病理検査予定」ということなので
つまり
術中に局所麻酔を使用して起きたことではなく「手術に問題なかった」とのことから術後の原因で考えられていると推測されます。
恐らく、アレルギーか不整脈が疑われます。

私が東海美容外科で手術を受けた時の事ですが事前の説明や検査も十分時間をとってもらい切開もほんの少しで出血もなく、手術もスムーズに終わり、とても満足しています。
その時お願いして他の症例写真もたくさんみせてもらい、大学病院から30年以上の手術のキャリアをお持ちだと伺いました。
万が一の時の救命体制も整っており、手術が下手という印象は全く受けませんでした。

例えば、局所麻酔のアナフィラキシーショックは10万人に1人の確率で、医療スタッフが尽力しても必ず救命できるとは限りません。
早ければ5分以内で死に至ります。
本当にお気の毒です。
私も医療従事者の1人として、薬や医療の事をよく聞かれますが、やはり医学に絶対はないですし、医療行為は時に死と隣り合わせの例外もあります。
病気で手術が必要な時以外、心配な方は手術は受けないほうがいいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる