ここから本文です

私が高校の登下校でいつも利用している駅(常磐線の交流区間です)で、折り返し運転...

swi********さん

2017/3/911:20:52

私が高校の登下校でいつも利用している駅(常磐線の交流区間です)で、折り返し運転する電車などの電源が一時的に落とされることが度々あるのですが、何のために電源を落とすのでしょうか?

内清掃中や、乗客の乗降中(ドア半自動中)などに電源が落とされます。
しかし完全に落とされるわけではなく、ドア上のLED表示器や非常灯は灯いている状態で、デットセクション内にいるような状況です。(昔のスーパーひたちは停電していましたよね)

しかし、交流区間の駅に停車中でなのに電源切替するような必要はないと思います。
そこで、どうして停車中に電源を落とすのかご存じの方、教えていただけないでしょうか。
読みにくい文章で申し訳ございません。長文失礼いたしました。

閲覧数:
66
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sup********さん

2017/3/912:06:05

交直流の切り替え区間を走行する電車は、始発駅での電源切替試験が義務になっていますので、一時的にバッテリー動作(停電)になります。
このため、試験中は照明が消えたり、空調が止まったりします。

切り替えが正常に動作しないと、走行不能な電源事故になり得るため、必ず試験しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

myg********さん

2017/3/912:02:44

単純に省エネじゃね?直流区間でもやってるよ。停車中でも通電していれば電気代はかかるし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる