ここから本文です

保険の見直しを考えてます。

アバター

ID非公開さん

2017/3/1221:59:17

保険の見直しを考えてます。

どんなに考えても、将来かかる病気など、分かるハズもなく、ふと思ったのですが、
高額手術費(先進医療を除く)がかかっても、高額医療費制度をつかえば、例えば自費が50万、100万と超える事もあるのですか?
無知ですみません。

閲覧数:
114
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xcm********さん

2017/3/1310:01:34

高額療養費制度は保険診療であれば、必ず適応されます。
そして基本的に病院での治療は保険診療しか出来ません。
(混合診療は認められていないため、保険診療と、保険外診療の組み合わせは出来ません。)

今では癌の通院化学療法も限度額認定証が使えますので、窓口で数十万円の請求されることはありません。
先進医療に関しては主に癌治療、つまり延命効果を目的で行うのですが、適用される条件が非常に厳しい施設か、法外な金額の施設のどちらかなので考える必要はありません。

ですから通常の生命保険と医療保険があれば十分で、ガン保険やガン特約は入らずに、その分を病気になるまでの貯蓄に回す方が良いでしょう。
(仮に1ヶ月あたり3千円としたら、1年で3万6千円、10年で36万円といった感じですね。)

ちなみに標準的な収入の方で限度額認定証を使ってガン治療を始めた場合、抗ガン剤を使った治療の1ヶ月あたりにかかる窓口費用は、病院と薬局を合わせて10万円前後です。

これに癌やそれ以外の病気でも手術が絡む月があれば、その月は20万円前後(外来診療10万円、入院加療10万円)といったところです。
この内、限度額を超えた分は後日還付申請書が来るので、請求すれば戻ってきます。

結局のところガン治療のトータルでは1年間に100万円前後と見積もれば良いでしょう。
(年収300万円未満の低所得の人ですとこの6割前後、非課税の人ですとこの3割前後と見積ると良いでしょう。)
その後は転移や再発が無ければ費用は安くなりますし、転移や再発があれば費用は同じくらいかかりますが、運が良くないと長い期間の生存を期待できないので、生きる目的と貯蓄を合わせて検討すれば良いでしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/15 21:26:18

詳細、ありがとうございます!
参考にさせて頂きます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる