ここから本文です

司法書士初学生です。かなり理解に苦しんでます。お手数ですが具体的にかみ砕いて...

kzu********さん

2017/3/1408:43:48

司法書士初学生です。かなり理解に苦しんでます。お手数ですが具体的にかみ砕いてご説明いただければ、とても助かります。

民法の過去問をしております。債権の準占有者の推論です。

(H21-17)

次の二つの見解は、権原がないにもかかわらず債権者の代理人と称して債権を行使する者(以下、「詐称代理人」という)が民法478条にいう「債権の準占有者」に該当するか否かに関するものである。
第1説 詐称代理人も、債権の準占有者に該当し得る
第2説 詐称代理人は、債権の準占有者に該当せず、詐称代理人に対する弁済者の保護は表見代理の規定によるべきである。

次の(ア)から(オ)までの記述のうち、第2説の根拠であって第1説の根拠でないものの組合せは、後記(1)から(5)までのうちどれか

(ア)債権の準占有者という概念は、物の占有について、代理占有が認められ占有代理人に直接占有が認められていることとの均衡を考慮して理解すべきである。
(イ)民法第478条とは別に、受領証書の持参人に対する弁済を保護する同法第480条の規定があることに照らせば、同法第478条は、債権の帰属者が分からない場合の弁済者の保護に関する規定と解するべきである。
(ウ)真の権利者を犠牲にしてまで弁済者を保護するためには、弁済受領の権限がないことにつき善意で、かつ、過失がないことを要求すべきである。
(エ)真の権利者に何ら帰責性がない場合にまで弁済者を保護するのは不当である
(オ)弁済の求めを拒絶することには、契約の申込を拒絶するのとは異なり、債務不履行の責任を負う危険性があることを考慮すべきである。

(参考)
478条(債権の準占有者に対する弁済)
債権の準占有者に対してした弁済は、その弁済をした者が善意であり、かつ、過失がなかったときに限り、その効力を有する
480条(受領証書の持参人に対する弁済)
受領証書の持参人は、弁済を受領する権限があるものとみなす。ただし、弁済をした者がその権限がないことを知っていたとき、又は過失によって知らなかったときは、このかぎりでない

閲覧数:
242
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2017/3/1409:29:05

正解はイエですが、全部の文章を説明させるのでなく5つ文章の内どれが分からないか絞ってください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる