ここから本文です

太平洋戦争時、竹やりで敵の航空機を落とす高角砲を作ろうとしたのは本当でしょう...

flu********さん

2017/3/1421:09:57

太平洋戦争時、竹やりで敵の航空機を落とす高角砲を作ろうとしたのは本当でしょうか?

それよりも投網を高高度に打ち上げたほうがいいと思いますがそれは考えられなかったのでしょうか?

補足竹やりの話はダミーとか敵兵狙いとかで納得します。

投網で敵飛行機の高度まで打ち上げるのは無理でしょうか?
気球を見つからないようにして、それに引っかかっている投網は無理でしょうか?

閲覧数:
230
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iik********さん

2017/3/1522:29:43

それ、面白いと思ってるかもしれないけど、「イギリス」でそんな発想の兵器は実際いくつも作られてる。

「投網」まではいかないが、空中に「ケーブル」を張るという兵器はあったし、気球の方は「阻塞気球」って言葉を知りませんかねえ?

他にも、削岩機の圧縮空気で手榴弾を空に投げ上げる兵器、対空火炎放射機、いろいろあります。

もちろん、「竹やり」に該当する兵器もありますよ。
残念ながら、イギリスには竹が無いので、棒の先に「ナイフ」を固定したり、さらには「尖らせただけ」というのもあったそうです。
これら「民兵」は、中世の「矛歩兵」の名称に倣って、「パイクマン」と命名されています。

映画とかで見たことありませんかね、例えば「空軍大戦略」では、スピットファイアパイロットが奥さんと待ち合わせするパブの前で「パイクマン」が行進しています。
そうそう、ヨーロッパでは「牧草用フォーク」もよく使われますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2017/3/1522:24:49

上陸してくる敵兵に対して民間人を白兵戦に投入するという構想は日本だけのものではありませんでした。フランスが降伏した直後のイギリスでは国民に武装させるための「水道管槍」が大量に準備されドイツ軍の上陸に備えていました。曰く、「水道管槍は中世の槍に比べると6フィートほど短かったので現代の槍兵はその分敵に接近する必要があった。しかし、現代の敵兵は鎖帷子を着ていないという利点もあった。」

abo********さん

2017/3/1522:10:58

僕に兄ちゃんが、縁側で作ったばかりの竹槍の
鋭利な槍先に油を塗りながら軽く焼きを入れていたのを
思い出します。竹そのものの先を鋭く削って作るのですが
ちょうど握りやすくする竹を選ぶのが大変と言っていました。

兄ちゃんは突撃しても、米軍の機関銃になぎ倒されるのは
解っていて、どちらかと言うと精神的な支えにして、出来れば
米軍上陸後のゲリラ戦に竹槍を期待してました。

網を砲弾に収納するにはかなり小さい広さの網でないと
砲弾の直径が途方もなく大きいのでは空気抵抗が大きく
高射砲弾としては不向きで不採用でしょう。

第一、日本の高射砲はB29の高高度水平飛行の高度に
ほとんど届きませんでした。北九州工業地帯は支那大陸から
B29が発進し東京より先に250キロと焼夷弾の爆撃を
受けていました。

夜間爆撃では海岸から打つ上げる高射砲が上空でさく裂し
そのさく裂破片が僕の家の屋根にカタンカタン音を立てて
落ちてきました。網ではなくその無数の3センチくらいの
破片が飛び散って、B29の機体にダメージを与えるのです。

気球作戦は地上から1万メートル上空まで気球が上がるうちに
強風や気流に流されて、米軍爆撃機の爆撃コースから大きく外れて
しまい不安定です。

気球は僕の街のデパートの屋上から3個ほどロープ付きで上がって
いましたよ。デパート屋上に高射機関砲があったので、それを
敵戦闘機の機銃掃射から守るためでした。

typ********さん

2017/3/1521:03:27

いくらなんでもそこまで馬鹿でないだう
いくら精神主義でも

その竹やり訓練を批判した新聞記者を懲罰
招集で引っ張ろうとしたら
海軍にじゃまされて

変わりにいい中年の方が招集されて、
硫黄島に送られたとさ

罪作りな竹やり訓練 死なくてもよい人まで殺しちゃたよ

投網よりもっとい実用的なタコ爆弾3号爆弾 黄燐弾が

ありますよ

ros********さん

編集あり2017/3/1520:36:04

根本的に間違えている回答ばかりなので参加します。
そもそもアメリカ軍が日本本土へ上陸してきた時に物資不足の日本軍の他に民間人の女性も竹槍を持ってアメリカ兵を突き刺す。という狙いで竹槍訓練がありました。
竹槍で航空機を落とすのではなく、なすすべもなく上陸を許したアメリカ兵に日本臣民一億総玉砕の名のもとに婦女子も無理やり戦力として竹槍を持たせて戦おうという発想でした。
戦争末期には高高度を飛んでくる飛行機をどうやって撃ち落とす云々ではなく、上陸してきたアメリカ兵にどうやって最後まで抵抗してやろうか。という絶望的な発想でした。
それを皮肉って竹槍でB29が堕とせるのか?と半ば呆れた言われ方がありました。

bjj********さん

2017/3/1422:09:12

ダミーではないですか。
湾岸戦争の時に、イラク軍が砂漠に戦車の形
をした実物大の風船を置きましたが、上空か
らみると見分けがつかなかったですよね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる