ここから本文です

オイラー座屈って不思議な式です 導出過程で、断面係数とか応力が出ていないの...

アバター

ID非公開さん

2017/3/1421:50:03

オイラー座屈って不思議な式です

導出過程で、断面係数とか応力が出ていないのに、なんで限界の圧縮荷重が出てくるのでしょうか。

閲覧数:
171
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

編集あり2017/3/1422:57:02

オイラー座屈時の荷重を導出するとき、座屈を始めた状態の部材のモーメントの釣り合いから微分方程式を出して求めていると思います。
この座屈を始めている状態の時、すでに部材は限界の圧縮強度を超えています。これを求めているので応力は出てきません。

応力が出てくるような証明で微少要素について考えるものが多いですが、座屈の証明は微少要素についてはあまり考えていません。

断面係数については出てきませんが断面2次モーメントなどは出てきてるはずです

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/3/1423:25:41

    EIを使っています。弾性領域です。ですから限界の圧縮強度は超えてないと思います。あくまで弾性変形を解いています。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる