ここから本文です

戦闘機のF35は1機いくらですか?

zen********さん

2017/3/1803:07:16

戦闘機のF35は1機いくらですか?

閲覧数:
2,600
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spe********さん

2017/3/1822:33:38

日本円で1機100億円位です。トランプ政権になり、それより、お値段が下がるかもしれません。因みにF22は、日本円で180億円くらいです。ステルス機は、高額高性能なんです。日本のX2は、開発経費約1370億円です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jun********さん

2017/3/1822:56:04

『146億円』

日本が買うF-35Aについてですが、米国製の武器の購入には、F-35のように米国防総省を窓口にする「対外有償軍事援助(FMS)」と、米メーカーと直接取引をする2通りの方法があります。日本向けのF-35の価格には機体、日本国内での最終組み立て、自衛隊仕様への変更などのコストが含まれるが、米国防総省と2012年度当初4機を契約した時は1機当たり約100億円でした。しかし、円安で徐々に高くなり、2016年度には180億円まで膨らんだ。日本は共同開発国でないし国内で組み立てるため割高になる。3.8%のFMS手数料も発生する。

F-35をめぐっては、大統領就任前のトランプ氏が昨年末、ロッキードに対してコスト削減を要求。大統領は1月30日、米軍が新たに調達する90機について計6億ドルの値下げを実現したと発表した。1機当りたの価格が1億ドルを切るのは初めて。日本政府の中からは、「自衛隊向けも下がるかもしれない」と、一段の価格低減を期待する声が聞かれた。

日本は、現在の中期防衛力整備計画が終わる2018年3月までに28機のF-35を発注する計画。最終的には42機を取得する。

日米の複数の関係者によると、防衛省は昨夏から年末にかけて米国防総省と複数回にわたって交渉した。米側から当初示された1機当たりの価格は157億円。これを最終的に146億円に引き下げた。整備部品のデータベース構築や技術者受け入れなどの関連経費も、423億円から309億円に下がった。

『自衛隊向けF35戦闘機、日米が異例の価格交渉1機157億円を146億円までディスカウント』(東洋経済オンライン/ 2017年 2/2)
http://toyokeizai.net/articles/-/156564

x23********さん

2017/3/1822:09:47

最近、量産効果で安くなっていたはず。そりゃ、各国向けのF-35A/B/C合計、200機も生産されてりゃ、量産効果もあるでしょ。

当然、最初は諸経費(部品代やパイロットや整備員の教育など)込みだからどうしても高くなる。で、生産・運用体制が構築されれば、価格も下がる。

i80********さん

2017/3/1822:03:03

150 億円位だった気がします

yon********さん

2017/3/1814:59:30

タミヤの72/1で900円でした。後組み立てと塗装費がかかります。

nk1********さん

2017/3/1811:01:05

機体1機自体の価格の場合と、予備部品(スペアパーツ)
等も含めて、1機分でのセット!としてみなして購入
または納入での契約時の際の相違で、機体価格は相違に
なりますし、他の方も答えてはいますが・・・生産区分
での年度&時期区分の相違でも、機体価格は変動を
しますのでね。一概に~XXX億円での固定ではないのでね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる