ここから本文です

ローコスト住宅って何であんなに安いんですかー!?

kid********さん

2017/3/1816:15:32

ローコスト住宅って何であんなに安いんですかー!?

私は信じられません!
オシャレ、近代的、カッコいい!
見ためは高級そうで華があって、
そうとう高いんだろな〜。

えぇ!?

1000万円台で買える??

ありえない!

なんで、あんなに安いんですか?

耐震ができてない?
地震が来たら倒壊する?
屋根が平らだから、雨漏りする?
天井が抜ける?
断熱材がないから冬は凍える?
欠陥住宅ってオチ?

なんであんな安い?

本当は賢い買い物?

閲覧数:
1,033
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2017/3/2116:54:42

①色々な回答がありますが、基本的に家と車とでは、そもそもの値段の付け方の基準が違いますので、単純に比較する事自体が「ナンセンス」ですね。

②車には「保安基準」と言う法律がありますので、タイヤはオプションです! とかハンドルは「別途装備」です! と言う言い訳は通じませんが、家の場合には「建てる為に欠かせないもの(例えば足場代など)」でも、別枠にしてみたり、オプションとする事に対して、「何の規制」も無いのです。

これは「レオハウス」を展開している「NAC(ナック:ダスキンの取扱店)」が、表示の基準が無い事を逆手にとって、その隙間を突いて来た仕組みなのですが、建築業界には、そもそも自尊心はありまんので、皆さん「右並え」になってしまい、今や「ローコスト系」の坪単価は、実際には建たない「絵に描いた餅」状態になっているのです。

さすがに今や大手となった「タマホーム」が、昔盛んにCMで流していた、「建物本体価格」を表示しなくなったのも、上記の様な理由からなのです。

③実際に安いのかどうか? については完成時の「お客様引き渡し価格」を実際の「床面積」で割らない限り、安いのかどうか? を判断する事は出来ないのです。

多くの場合、実際の「引き渡し価格」は家の規模にもよりますが、50~55万円/坪当たり(税別)が多いので、参考にしてください。

④勿論上記の価格だけでは、「耐震等級3」や「ZEHの基準」には遠く及びませんので、その分だけ「追加費用」が発生しますから、こうなると、どこが「ローコスト」なのか? その存在意義すら分からない事態にもなるのです。

「補足」があれば「追記」が可能です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

iid********さん

2017/3/2008:50:53

ローコストを売る訳。

材料を安く仕入れます。
カナダ、フィンランドが自国の建築では使わない、米松、ホワイトウッドと言う木があります。腐りやすく、耐シロアリ性能が無いのですが、日本は杉、桧の半額で仕入れられるので、輸入しています。

16年から20年で一本の良質な杉、桧を育てるために間伐をします。
間伐材の寿命は16年から20年です。
良質な杉、桧は60年から100年育てて伐採します。
間伐材を集成材にすると、節無しの柱が9尺で8万円から9万円しますが、4千円から6千円程で仕入れられます。

木は15%以下に乾燥させると腐る原因の腐朽菌が死滅して 、リグニンの膜が細胞壁を覆います。腐りにくくなりますが、15%から25%乾燥のKD材、25%以上の含水率のあるグリーン材は2/3の価格で購入できます。
知識の無い大工は、木は生きていると言い訳をしますが、1年で1mm痩せますのでボルトが緩む懸念が有ります。

芯材は狂いにくく、反りにくいのですが、外皮に近い部分は若いので反りやすいので良質な建築会社は、土台や柱、梁などの主要構造材には使いません。

材料も住宅ローンを使う際には、ローンが終わる前に寿命が来ない建築会社で建てる事をお勧めします。

人件費もローコストです。腕の良い職人は高給な仕事をします。
ローコスト発注は、安くても仕事が無い職人に発注する事になります。
単価が決まっているので、少ない人員で作業をしなくてはならないので、多くの人が必要な、基礎のコンクリートの打設も手が回らず、打継ぎやジャンカ、加水が起きやすいのです。
また、地中に埋まって見えなくなる基礎のベースもカタログでは150mmと書かれていても、実際には建築基準法上で最低の60mmで打設して原価をローコストにしている建築も見受けられます。

断熱材も充填でなく、決められた量しか支給されない吹き付けで施工します。
吹き付けでも、良質な建築会社はアクアなど水に強いものを充填で納めますが、薄く吹き付けてコストを低く抑える会社が問題です。

同じ坪数でも背が低い=階高が低い家はローコストです。通常は階高10尺の3m
で2.4mの天井高を確保する為に天井裏と2階の床との間を60㎝確保しますが、天井を2階の床を支える梁に直貼りすると、階高は2.8mで済むことになりコストを下げられます。

2階の音が直接伝わり、天井裏の換気も悪く、湿気が溜まり易くなりますが安く建てられます。

他にも点検を減らしたり、足場の期間短縮や、配管断熱材と防音をしないなどコストを下げるポイントは沢山有ります。

ローコストは安くても得をするのは建築会社です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sur********さん

2017/3/1822:25:45

bkknkdsanrfさんの回答が的確ですね。
ただし、喩えが悪すぎる。
なので書き直します。


ただ、「1000万円の家」はあることはありますが、
便利な機能(床暖房が無い。二重サッシじゃない。断熱材が薄い。屋根材・外壁材が安物。システムキッチンや浴槽のグレードが低い)などがあります。

*柱が少ないなど欠陥住宅になるような事はしません。
*屋根はコロニアルグアド、外壁は安いサイディングなど、仕上げ材で価格を抑えます。また設備でも価格は抑えられます。これだけで500万以上は減にできます。

そのあると便利な機能を追加すると結局1000万円を超えてしまいます。

例えるなら、100万円の自動車だけど、
ハンドルが重い(パワステが無い)、パワーウィンドウが無い、ABSがない、ステレオが無い、車内のライトが無い、ですかね。

*法律的に義務付けられているものを「無い」として挙げるのは誤解を招きます。

結局全部、便利にするためには200万円です。と言った感じでしょうか。


>4000万円とかかけて建てるよりも賢い買い物ができたらいいんです。
>断熱材や床暖房なんやらにお金かけて結局3000万円くらいになっても、あのオシャレな家に住めるのがいいですねー!

構造体にお金をかけ、メンテフリーを目指すのが、ランニングコストも含めた賢い買い方だと思います。
しかしこれが「オシャレな家」になるわけではありません。

私たちは耐震重視の為、完全な長方形です。意匠性のない、つまりオシャレとは無縁の形です。
またメンテフリーを目指すのなら「ドライジョイント工法のサイディング」を選ぶのが一つの理想ですけれど、メンテを大幅に抑えるには「平屋+寄棟+天井断熱」のセットが必要です。
勾配天井がいいんだとか、招き屋根とかしてオシャレにしたいとか、そんな事が希望ならムリという事です。

あと、4000万とか、3000万とか仰ってますが、高級住宅ですか?
私たちは建坪30坪の平屋ですが2000万です。
坪単価も67万ぐらいですので、ローコストではありません。
2000万でも工務店にお願いすれば、良い家が建ちます。
ちょっと、金額がおかしいかなと思いました。

>耐震ができてない?
ローコストでも耐震強化は出来ます。
等級3を取る申請費用は30万ぐらい必要ですけど。

>地震が来たら倒壊する?
熊本地震でも倒壊はしていません。
(欠陥住宅は除く)

>屋根が平らだから、雨漏りする?

安い家だと「切妻」です。
通気はNO1で、最も良い形の屋根形状の一つです。

>天井が抜ける?

天井って吊ってるだけなので抜けるの意味が分かりません。

>断熱材がないから冬は凍える?

断熱材は薄いでしょう。エアコンつければよい話です。

>欠陥住宅ってオチ?

欠陥住宅は高額な家を建てても、頼んだ会社が悪ければあります。

sik********さん

2017/3/1819:25:41

例えば
基礎はべた基礎にしないで、布基礎。上が軽ければ、地盤が良ければこれで十分。

外壁は安いもの。
屋根も安いもので十分
サッシも普通の物
キッチンやリビングも住める程度で十分。
出窓は無い。
玄関も規格品。
柱も普通に集成材。

規格の間取りで作るから大量仕入れの効果が出る。

妙な間取りが一番高く、トラブルも多い。

家に対して
雨風がしのげれば良い。広いほど良いのならローコスト住宅で良いが、見栄を張るとか、利便性を追求すると追加工事で割高になる。
ローコスト住宅のカタログ通りだと、わびしく感じるかもしれない。
耐震性は
法律通りに設計するから、地盤が悪くなければ倒壊しにくい。

問題は「現場管理」
生コンに水をジャンジャン入れるとか、柱が合わないとほぞを切り捨てるとか。ボルトを切って捨てるとか、
職人次第。
職人の手間賃が安いから、腕の良い大工はやらないかもしれない。

fat********さん

2017/3/1817:57:58

うちは超ローコスト住宅で建物だけで700万円ですが断熱材も入ってるみたいだし、いまのところ雨漏りなどの不具合はありません。壁は薄いですが、冬はエアコン使えば大丈夫です。確かに大手に比べたら安い材料使ってるので見た目や仕様は落ちますが、特に不満なく生活できますよ。耐震性は落ちるかもしれませんが倒壊はしないと言われてますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bkk********さん

2017/3/1816:29:56

ローコスト住宅は確かに安いです。

ただ、「1000万円の家」はあることはありますが、
便利な機能(床暖房が無い。二重サッシじゃない。断熱材が少ない。高気密高断熱じゃない、柱が少ない、壁が薄い。など)
がいろいろ不足しています。

そのあると便利な機能を追加すると結局1000万円を超えてしまいます。

例えるなら、100万円の自動車だけど、
ハンドルが重い(パワステが無い)エアーバッグが無い、ABSがない、ミラーが手動、車内のライトが無い、タイヤが中古とか、ですかね。
結局全部、便利にするためには200万円です。と言った感じでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる