ここから本文です

相手の為になることをやるのが優しさならば、相手が求めることをやることは優しさ...

mandaras_72さん

2017/3/2102:01:37

相手の為になることをやるのが優しさならば、相手が求めることをやることは優しさではなくてなんというのでしょうか?

閲覧数:
47
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/3/2106:40:26

それは『慈悲の心』です。

『お情け』でもいいかもしれませんね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/3/2122:48:47

盲目の愛だね。

センプレ、他の人が19分で解いた知能テストを、センプレは2日近く掛っても全く解けなかったね。

本当にだらしないね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317136371...

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/3/2120:03:31

どちらが優しさになるかはケースバイケースでしょうね。

相手の為になることをやってやったつもりが実はそうでなかったというケースがあります。この場合、「優しさ」ではなく「勝手な思い込み」ですね。自分は相手の為になることをやっているという思い込みがあるだけ、どんな酷いことも平気でやってしまう。その結果、相手にどんな悪い影響が出ても、それは自分が相手の為になることをしてやる度合いが弱かったからか、相手に自分の愛情に応える能力の無かった駄目な奴だったという結論になりますので、何が起こっても大抵反省することは無いです。

相手が求めることをやってはいるけれども、実は相手のことを考えていないケースもあります。この場合、「優しさ」ではなく「マインドコントロール」ですね。巧みなSは、Mへの調教の入り口では相手の求めるものを与えてやることで相手を支配しようとします。営業マンの言う「小さなイエスの積み重ね」というのは、相手が認めてほしいことを認めてやり、相手が言ってほしいことを言ってやり、協和的な関係を作っていくことで相手がノーと言いにくい状態に導いた上で、自分が一番言ってほしいイエスを相手に言わせる手法です。

2017/3/2116:07:42

甘やかし
相手のためになるのと求めることは同じな時もあれば違うときもあります
求められているけど相手のためにならないのは甘やかしです

dendenko123さん

2017/3/2113:11:48

そんな発想は間違っています。相手のためを思ってするのも、相手から求められてするのも中身は同じです。どちらも優しさです。

kwskhrさん

2017/3/2111:48:52

体に悪いと分かっているのに、つい相手が要求するままに追加のお銚子を出してしまったりすることなら『甘さ』と言えるのではないかと私は思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。