ここから本文です

簿記1級の受験をしたいのですが、柴山式はいかがでしょうか?

akatsuki_noboruさん

2017/3/2310:21:44

簿記1級の受験をしたいのですが、柴山式はいかがでしょうか?

受講されたから、受験されたから、うわさでも良いですが、
情報を教えてください。

WEBで見る限りは、若干早口でしたが、わからないレベルではないように感じました。

~自分のスキル~
簿記2級保持(改定後取り直しました。)
経理所属中
勤務年数7年
工場経理、商社経理双方有り

以上を踏まえて、アドバイス頂ければ幸甚です。

宜しく御願い申し上げます。

閲覧数:
508
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

messersumitさん

2017/3/2322:14:04

100の時間があって10の内容を話すとします。

一般人が1の内容に7〜8の時間を割いて1〜2回話すのに対し、
柴山氏は1の内容に5〜6の時間を割いて2〜3回話しているようですね。

高校時代現代文が得意だったなら話が早いと思いますが、現代文の文章は基本的に「抽象文→具体文・例示」の繰り返しで、骨と肉に分けることができます。
柴山氏はまず内容を話し、その内容について再び詳細を話したり例示を交えたりして、いわゆるリピートを高速で行っていると思われます。したがって総合的にみれば一般人の話すスピードと差はないように思いますね。

授業という場で注意するのは、相手の言ったこと全てに集中しないことです。半ば聞き流すのです。当然授業ですから分からない単語、表現は大量に出てきます。それを良い意味で聞き流すスキルは重要でしょう。

その点を踏まえれば柴山式は十二分の成果をもたらすと思います。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。