注文住宅を建てるとき、スーモカウンターを利用された方いらっしゃいますか? 自分で工務店をさがすのとどっちがよかったですか?

補足

家作りセミナーみたいなものを開催してるみたいなんですが、役立つ感じなんでしょうか?

注文住宅982閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

建築費用が目減りするんですね。 止めておきます。

お礼日時:2017/4/2 15:49

その他の回答(1件)

1

私のブログにも詳しく書いていますが、スーモカウンターはスーモに登録されている会社を機械的に紹介してもらえるサービスになります。 スーモカンター業務は、カウンター営業になりますので、スーモ施設内でのサービスになります。 専門的な知識ではなく、登録されている会社で相談者側に適したとカンター営業が判断した会社を数社、選択して紹介してくれます。 紹介者は、その紹介された会社にスーモカンターを通じて連絡をしてもらい、面談の場をセッティングしてもらうことになります。 面談後は、面談先の会社との直接交渉になります。 紹介先の会社は、スーモに登録料を支払い、顧客を紹介してもらっている形にはなりますが、スーモカンターがリクルートという大企業の名前で顧客の集客できるというメリットがあるために、単独で無名に近い会社が顧客の信頼を得るよりも容易いといえます。 また、顧客側も無名の小さい工務店やその他メジャーでない会社を知るチャンスがあります。 しかし、専門家としていえることは、住まい計画のいろはを知らない一般顧客に、素人同然のカンター営業が適切な業者紹介ができるようには感じません。 スーモカウンターに登録されると業者紹介をしてもらえる代わりに、個人情報の開示が要求され、紹介先と契約が完了しないケースは、スーモカンター側に相談者の顧客情報が保管されたままになります。その情報をもとに営業活動(電話での状況確認程度で訪問等、カウンター業務以外は行いません)が継続されているようです。 上記内容をよくご理解の上、興味があるようでしたら、スーモカウンターに実際に行かれてみて、自分でその感触を得られると良いでしょう。

1人がナイス!しています