ここから本文です

私は、63歳から「特別支給の老齢厚生年金」(比例報酬部分)が「約115万円/年」で...

アバター

ID非公開さん

2017/3/3000:23:19

私は、63歳から「特別支給の老齢厚生年金」(比例報酬部分)が「約115万円/年」です。厚生年金の加入期間は、30年です。(定額部分)は、年齢から、0円となる状況です。

65歳から基礎年金が追加される状況です。

老齢厚生年金は、男性の場合、平均16万円/月とよく聞くのですが、本当でしょうか?
年金事務所の窓口で聞くと、63歳から特別支給の老齢厚生年金の受取額は、40年勤務でも、100万円未満の方も、最近では結構あると聞きました。

63歳から支給される「特別支給の老齢厚生年金」(比例報酬部分)が「約115万円/年」は、決して低い金額ではないと聞きました。30年で「115万円」は、平均より給与が高かったでしょうと言われました。

63歳から支給される「特別支給の老齢厚生年金」(比例報酬部分)が「約115万円/年」は、本当に低い額ではないですか?
65歳~も、「特別支給の老齢厚生年金」(比例報酬部分)が「約115万円/年」と同じです。
但し、記載しましたが、65歳~、基礎年金が追加される状況です。

よろしく回答お願いします。

閲覧数:
7,700
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sug********さん

2017/3/3000:57:54

低い額ではないと考えます。老齢厚生年金は、男性の場合、平均16万円/月ですが、年金加入期間が40年の方を基本としています。

ご質問者様は、大学院卒業ではないかと推察致します。厚生年金の加入期間が30年と、一般者よりも短い為に年金額が低いと感じていらっしゃるのだと思います。

30年で100万円を超えるのは、給与が高かった為だと考えます。高学歴の方は年金無加入期間(20歳以上の学生時代)があり、博士課程修了者の方の中には、老後無年金の方も大勢いらっしゃいます。年金法改正により、今後は10年年金保険料を納めれば無年金者にはなりませんが、低年金ではあります。

ご質問者様へのアドバイスとしては、年金額を増やす努力をなさるべきであると考えます。国民年金制度には、年金額を増やす為に65歳までは特別加入制度があり、更に、付加年金保険料を納入することも可能です。年金事務所で相談なさるべきであると考えます。

可能であれば、満額(40年分)の国民年金保険料を支払うべきですが、ご質問文からは、困難であると考えます。現状の最良の年金設計をなさることが急務であると考えます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/3/3001:15:54

    回答ありがとうございます!

    現在60歳ですが、事情あり社会保険完備の会社に勤務できない状況です。よって老齢厚生年金を増やすことはできないと考えています。

    社会保険完備でない会社で働きますので、60歳から、36ヶ月(3年)の追納可能(国民年金)と年金事務所の窓口で言われました。

    1年で約20万円。3年分の追納で約60万円の追納額の様です。
    それで、4,800円/月増加にしかならないが、10年でペイできるる様です。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ame********さん

2017/3/3011:16:37

昭和61年に会社員の妻が第3号被保険者になりましたね。アメ
それまで厚生年金の受給は男子60歳、女子55歳を国民年金の65歳と同じ65歳にすることが決まりました。ムチ
貴方は当時20代の青年。65歳前に年金が貰えるということは移行途中です。
厚生年金を比例報酬部分と定額部分に分け徐々に65歳支給に近づけています。
厚生年金を30年払ったとの事。
1630円×30年×12ヵ月で58万6800円(定額部分)、貴方は65歳から老齢基礎年金として貰います。

30年の厚生年金期間で115万円は平均以上です。
でも老齢基礎年金が60万円弱は少ないです。
30年が少ない原因です。国民年金保険料を払ったことはありませんか?
60歳から65歳の期間は任意で国民年金保険料を払うことが出来ます(厚生年金を払っていては出来ません。厚生年金を払わない働き方の場合)
又は厚生年金を増やす。厚生年金は働いていたら70歳まで払えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2017/3/3008:56:51

以下の「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」に正確なデータが出ています。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/H2...

平成27年度において厚生年金受給権者の老齢年金の受給平均月額は14万5千305円。老齢年金ですから老齢基礎年金、あるいは定額部分も含んだ金額です。
老齢基礎年金や定額部分を受給していない人の平均月額は79,505円です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tes********さん

2017/3/3000:54:49

30年間で100万を超える方はそんなにいないと思います。
40年間でも100万を超えない人は沢山いると思います。
特に現在60歳以下の世代の人は平均的な給与で40年で100万円ギリギリではないでしょうか?

平成27年度の新規受給モデル、夫婦で月額22万1500円となっています。
これは基礎年金を二人分と夫の厚生年金を合わせた額です。
基礎年金が夫婦で13万円と考えると厚生年金は約9万円です(年108万円)

この平均を見ても厚生年金が30年で100万円を超えているのは高いほうだとお分かりになるかと思います。

yos********さん

2017/3/3000:38:51

低くはありません。むしろ高い位置にあると
思います。十分すぎる金額です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる