ここから本文です

屋根と外壁塗装工事真っ最中です。 不安になってきました。 どなたか詳しい方教...

wak********さん

2017/4/315:35:02

屋根と外壁塗装工事真っ最中です。
不安になってきました。
どなたか詳しい方教えて下さい。

延べ床面積80㎡ほどの2階建
築20年経過

【屋根】カラーベストコロニアル
棟板金の浮き・釘抜け
藻の付着
スレートの反り箇所あり
スレート素地が出ている個所あり

【外壁】窯業サイディング貼り
色褪せ
チョーキング
目地シーリングひび割れ
クラック数か所あり

塗装は今回が初めて
一級塗装技能士による施工
外壁の色はダークブラウン系の予定

質問1
下地処理もせずにいきなり高圧洗浄やっちゃう?
〈やる前に何か下地調整するのか問うと、いきなりやります!との回答〉

質問2
屋根と外壁の高圧洗浄で約3時間とか普通?
〈当初から午前中で完了すると言っていたが築20年の家だよ?短くないか?〉

質問3
高圧洗浄した翌日に屋根の下塗り~タスペーサーまでする?
〈工程表は、屋根の塗装は洗浄から2日後からとなっている〉


もううちは、家の中から腐っていく運命でしょうか。。。
下処理もしないで洗浄すれば、建物の内部に水が入りそこから腐っていきますよね?

明日は屋根の下塗りをするらしいですが、本当不安で泣きたくなります。
どなたか詳しい方、助けて下さい。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,500
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

god********さん

リクエストマッチ

2017/4/317:22:27

釣りなのかと思えるぐらいの内容で、ちょっとびっくりしてます。
そもそも一級塗装技能士は、組合の事前講習を受ければほぼ全員もらえるような資格で、都道府県によっては不正とも言えるような制度をとっているところもありまして、何の保証にもなりませんし、それが技術の高さの証明にはなりません。公共工事向けに書類を出せる程度のものと思ってください。(塗装技能士を売りにしている人は反発するでしょうけど、実際は現場の手小も持ってます。)

質問1
下地処理もせずにいきなり高圧洗浄やっちゃう?
〈やる前に何か下地調整するのか問うと、いきなりやります!との回答〉

外壁がサイディングの場合ですが、基本的にシーリングを打ち変えてから高圧洗浄をすべきですね。シールが断裂しているからといって即雨漏りという状態にはなりませんが、高圧洗浄のような圧が側面からかかる想定はされていませんので、常識で考えれば先にシーリングです。それと、シーリングの前に高圧洗浄を行うのは、技術は低いのに売り方が上手い業者が良くやっている典型的な工程です。。。

質問2
屋根と外壁の高圧洗浄で約3時間とか普通?
〈当初から午前中で完了すると言っていたが築20年の家だよ?短くないか?〉

早すぎますね。25坪程度の家であっても屋根まであれえば休憩ナシでもプラス1時間は掛かるかと・・・3時間では水掛けただけに近いかと思います。

質問3
高圧洗浄した翌日に屋根の下塗り~タスペーサーまでする?
〈工程表は、屋根の塗装は洗浄から2日後からとなっている〉

その業者アホですね。含水率とか考えてないのでしょう。表面は乾いているように見えても、高圧洗浄をしたわけですから普通は入らない奥まで水が入っている恐れがあります。暖かくなって来たといっても2日以上は乾燥養生して欲しいです。


今回の工事で水が入った事で家が腐るといった事は無いでしょうけど、工事のクオリティが低いのは確かです。

  • 質問者

    wak********さん

    2017/4/319:20:46

    回答有難うございます。

    何社か相見積もりをして、一級塗装技能士の人が直接施工してくれるっていうのが良いと思いそこに頼んでしまいました。。

    洗浄前にシーリングをするのが常識とは知らず。。
    ただ、水が入っては困る部分は何らかの処理をしてもらえるものだと思い込んでいました。

    工程表は、洗浄→シーリング→屋根→外壁塗装となっています。
    洗浄後は2日間乾燥期間を設けてある工程表です。

    3時間ではやはり短いのですね。。
    パッと見は外壁も綺麗になっていますが、肝心の屋根は見れないので
    どうなっているんだか心配です。。

    何を思って急に工程を変え、洗浄翌日に屋根塗装などと言い出したのでしょうか。
    屋根が思ったよりダメージがあり、早く塗って隠してしまいたいのでしょうか。。
    何か考えられる事はありますか?

    このまま黙っていれば、明日屋根塗装をやられてしまいます。
    乾燥時間を守るように言って、塗装はまだやらせないほうがいいですか?





  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/4/11 03:04:36

補償の面等、今後の対応をご教授して下さったこちらの方をベストアンサーに選ばせて頂きました。

親身に回答を下さった方々、感謝致します。

「外壁塗装」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

exp********さん

2017/4/702:30:05

足場を組み、シートを張って塗装工事を行います。
お客様はそれにより無駄なコストを抑える事ができます。

高圧洗浄
ホコリや汚れ、苔などを洗い落とします。高圧洗浄は大切な下処理の一部です。
この処理が不十分だと、塗り替え後の「ハガレ」など、不具合を起こす原因となります。

下地処理
洗浄に加え、はがれかけている塗料の除去、ひび割れのシーリング処理等を行います。

塗装工事
下塗りから塗り重ねていきます。塗る回数は下地の種類や劣化の程度によって変わります。
通常は下塗り→中塗り→上塗りの3回実施いたします。

*洗浄でしょう 見えている個所を そのままで 洗浄しますよ
何かで覆ったり 塗ったり したら 汚れは 取れません。

見積書で 工程表があります。
何社か見積もり 会社規模も調べ 実績も調べたのでしょうか?

5社見積もりました
1社は 20万安い 契約を急がせてきた 見積もりは 1枚

契約した会社
1社は 見積書5枚詳細明記 FAXでいいといったが2時間かけて 3回説明に来た
下見
見積書持参 色見本
契約 近隣の挨拶回り 色決定


鋼橋塗装一級技能士
建築塗装一級技能士
といった国家検定取得者。
二級建築施工管理技士
といった国家試験合格者を備えております

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tea********さん

2017/4/611:20:33

まあ、確かに質問者様のおっしゃられてることは理解できますし、不安なこともあるでしょうが、あまりギスギス考えすぎな所も見受けられますね。
他回答者の方が仰られてるような含水率まで考えて乾燥期間を取るような職人はまず聞いたことはありません。というより、大手のハウスメーカーにきっちり管理されてるような塗装会社に工事依頼されてるのではないのでしょうから、一般的な地元の塗装会社、リフォーム会社なら、それなりの金額で契約されたのでしょうから、そこまで追求するのはどうかと思います。
十分工程に予定を取って、、、というのは勿論そうですし、おっしゃてることは十二分に理解できますけど、一番最悪なのは職人と施主のコミュニケーションが破たんすることですよ。
高圧洗浄のあくる日に屋根のシーラー処理したり、サイディングの目地コーキングを処理せず高圧洗浄したり、の部分に関しては理想は他解答者様の言われる通りかもしれませんが、必ずしもそうしないと致命的になる事でもありませんよ。
端的に言ってしまうと、高額な費用を払ってキッチリ教科書通りにこうじするか、多少のことは目をつむっても、結果がさほど変わらなければよいか、の選択じゃないかと思います。
ただし、塗装工事屋には悪徳な工事屋がいることも事実で、工事は大したことなく、価格は高い、の場合は最悪ですね。
今回の場合は、そうではなさそうですので、少し大きい目で見られた方が結果的にいいと思いますが、いかがでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bin********さん

編集あり2017/4/407:40:23

まず洗浄についてですが、ほぼ総二階でしょうし、建物のみの洗浄なら早すぎるということはないと思います。
犬走りやデッキ、カーポートのような付属品までガッチリ洗うともうちょっとかかるかもしれませんが。
洗浄する際、先に下地処理?を先にするというのは聞いたことがありません。
雨漏りが分かっている箇所や換気扇とか水が入り込みそうな所は先に塞いでから洗う事はありますけど。

1級塗装技能士について。
持っていなくても手抜きしない上手な職人もたくさんいますが、塗装屋を語る以上(DIYの延長みたいな職人と区別する為にも)持っていてほしい資格だと思います。

工程表、乾燥期間についてはもう一度施工会社と話し合った方がよろしいと思います。
とくに屋根は心配ですものね。

最後に個人的な意見ですが、元々反っていて重なり部に隙間のあるコロニアルに隙間を開けるためのタスペーサーを施す意味があるのか...。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uc_********さん

2017/4/405:11:32

塗装やですが、下地処理してから洗うなんて事はありません。洗浄してから下地処理です。
そして3時間もあれば屋根壁全部洗えます。
タスペーサも下地処理をしてシーラーを塗ってから着けるので大丈夫ですよ。
業者さんを信じてあげた方がいいとおもいますが

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pai********さん

2017/4/323:12:15

1、普通は初めに高圧洗浄をします。下地処理は高圧洗浄でほこりを洗い流してからするのが正しぃです。
場合によっては先に下地処理することもあります。
ただし、せっかく先に下地処理しても高圧で全部はがれてしまう場合があります。


2、状況によっては3時間で終わる場合もあります。
屋根の苔などがひどい場合は普通の住宅ですと15時ぐらいまでかかります。
場合によっては17時頃までかかることがあります。

※床面積80㎡もあるのですか!?それが本当であれば3時間は早すぎです。

3、高圧洗浄翌日に屋根下塗りはよろしくないですね!
下地に湿気が残っていると晴れた日に水分が蒸発使用として、捲れてきます。
たぶん今年の夏に捲れなければ大丈夫です。
すい分が残っていれば必ず捲れてきます。

高圧洗浄が3時間で終わっているということはもともとさほど苔がなく誇りを洗い流す程度でいけたのでしたら、捲れてくる可能性は低いように思います。

けど、内容からあまりいい業者だとは思えませんよね!
直接塗装屋に依頼したのではなく、工務店やハウスメーカーに依頼したのではありませんか?下請けだとどうしてもそのような工事なってしまいます。

最近では塗装店と言っても実は工務店とかで屋号だけ○○塗装店と専門店のように見せかけている業者も多いのでお気を付けください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる