ここから本文です

遠近両用めがねの処方についてです。 家族が遠近両用のメガネを眼科で処方してい...

rir********さん

2017/4/401:21:38

遠近両用めがねの処方についてです。
家族が遠近両用のメガネを眼科で処方していただき、その後、眼鏡屋で作ってもらいました。

S0.00 C-1.25X180 ADD+1.50
S0.00 C-0.75X175 ADD+1.50
と処方箋に書いてありました。
Cはマイナスなのに、ADDという近くの度数は+という書き方で
合っているのでしょうか?
メガネの見えかたがあまり良好でないため、眼科を疑うのではないのですが・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
233
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/4/408:42:25

遠用度数
S0.00 C-1.25X180
S0.00 C-0.75X175

ADD(加入度数)1.50

近用度数
S+0.25 C+1.25 X(AX)90
S+0.75 C+0.75 X(AX)85

となります。加入度は遠用度数に対して、近方を見るためにどの程度の調節を補助、加えて見えるようにするかという物ですので+(プラス)表示になります。

見えかたがあまり良好でない場合、一般の人は度数が合っていないのでは?と思う場合がほとんどでしょう。あながち間違いではありませんが、それだけではなく、レンズの特性に対する理解度、使用方法、レンズやフレームの種類の選定、アイポイントの位置設定、フレームの調整具合、他いろいろな点で効果は大きく変わってきます。

どのような見え方がするのか、どのような場合に良好でないのか、などの不満点を整理すると原因が見えてきます。説明や指導で解決するのか、度数を見直すのか等ですね。まずは購入店に相談してみましょう。

質問した人からのコメント

2017/4/4 18:18:57

みなさんありがとうございました!
とても安心しました。
少しなれるのに時間がいるようですね。
ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tm5********さん

2017/4/416:28:45

凸レンズはプラス表示です。
そして加入とは凸レンズを加算することなのでプラス表示または数字のみの表記です。

この度数の方はおそらく日常生活の見え方に大きな不満を感じていません。
きっとメガネも常用していないでしょう。
それなのに常用する人のような処方をされたのでデメリットを大きく感じているのだと思います。
必要なときだけかけるメガネにすべきだったでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

fas********さん

2017/4/409:19:16

合ってますよ。

ADDはアディションと言って老眼の度です。
Sからプラスさせるんです。
私は−6.00なので老眼入れてもADDはマイナスのまま−5.00になるのですが、あなたは0なのでプラス方向にになっちゃうんですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ufo********さん

2017/4/406:25:25

ADDとは「加入度数」で、遠方に比べて近方の球面度数をどれくらいプラスにするかという度数です。
この場合は、遠方は書かれている度数で、近方は球面度数(0.00)が+1.50になるようにレンズを作るということです。乱視はそのまま同じ値(マイナス)です。
つまり、遠方を無限遠に矯正したとすると、近方は1000÷1.50=666mmにピントが合うように調整されています。
遠近両用メガネは単焦点に比べると累進的に度数が変化しているため、初めての場合はどうしても違和感がある人がいるようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる