ここから本文です

『未払金』の仕訳について

yt_********さん

2017/4/622:08:08

『未払金』の仕訳について

クレジットカードの支払いを預金から引き落とす場合ですが、未払金の勘定科目は経費として扱われるのでしょうか?

カードでは消耗品や私物も購入しているのですが両方分割で購入している場合、引き落とし日には『未払金』の中に経費になるものとそうでないものが混入してしまいます。
何か特別な仕訳方法があるのでしょうか?
それともただ『未払金』という勘定科目は『まだ支払っていない』というだけの意味であり、
購入時点で消耗品費なら消耗品費として全額経費となるのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します!

閲覧数:
246
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pik********さん

2017/4/622:45:58

未払金は、負債(借方)科目です、経費ではありません
私物は、未払金として仕訳しません
例えば、消耗品分が2000円、私物が1000円であれば
カード利用日の仕訳は
消耗品2000/未払金2000
カード引き落とし日の仕訳は
未払金2000/普通預金2000
事業主貸1000/普通預金1000

質問した人からのコメント

2017/4/13 07:43:45

皆さんご回答ありがとうございました!参考になりました♫

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aiu********さん

2017/4/816:44:12

未払金の中に経費になるものとそうでないものを入れるのではなくて、事業に関係するものだけを未払金で計上します。
私用で使ったものは引き落とし日に事業主貸で処理します。
未払金勘定を使うのは発生主義で考えるためで、カードで消耗品を購入した日に経費として計上するために、消耗品費/未払金 となります。

moz********さん

2017/4/810:28:28

個人事業主ということで回答します。

購入時点で費用計上するのが最も正しい原則的な方法です。
カード使用した購入時点で
消耗品費/カード未払金

個人的な支払いをしたのなら
事業主貸/カード未払金

この時点で、必要経費かどうかは区分しているので
支払い時は
カード未払金/普通預金
という1本の仕訳だけになります。

そのカードでの個人的な支払いが割と多いのであれば、未払金勘定を使わずに
経費使用時に
消耗品費/事業主貸
個人的使用の場合は、特に処理せず
カード決済時に
事業主貸/普通預金

t22********さん

2017/4/709:37:05

経費になるもの。ならないものは未払金勘定で考えるのではなく仕訳で考えれば良いのです。
(消耗品)××××(未払金)××××
消耗品が事業用に必要なものであれば事業経費になるのです。未払金勘定は一時的な債務勘定です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる