ここから本文です

イギリスは建国以来一度も外国との戦争に負けたり占領された事が無いんですよね?...

syl********さん

2017/4/820:22:28

イギリスは建国以来一度も外国との戦争に負けたり占領された事が無いんですよね?日本と同じ様な島国と言うのが地形的に有利だったのでしょうか?ナポレオンやヒトラーもイギリスだけは占領出来無かったですよね。

閲覧数:
218
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oia********さん

2017/4/900:52:10

「イギリスの建国」をどの時点とするかによって意味がだいぶ変わって来ます。

仮に「イギリスの建国」をイングランド王国とスコットランド王国が合同して「グレートブリテン王国」が成立した1707年からだと考えるならば、確かに外国に占領された事はありません。

しかし、グレートブリテン王国の中心的な存在であるイングランド王国が成立した927年以降と考えるならば、他国に占領された事もあります。
イングランド王国は、まず1016年にデンマークのクヌート王に征服され、その後1066年にはノルマンディー公ギョーム2世にも征服されています。
また、1688年のいわゆる名誉革命においても、オランダ総督ウィレム3世は2万の軍を率いてイングランドに上陸し、この軍事力を背景としてイングランド国王に即位した為、これを事実上のオランダによるイングランド征服であると見る見解もあります。

更に歴史を遡るならば、ブリテン島はまずローマに征服され、ローマが衰退した際にはアングロサクソン族に征服されています。そしてしばしばヴァイキングにも侵略されていました。

このようにブリテン島は史上何度も征服されていました。むしろブリテン島は征服されやすい土地だと言っても良いでしょう。

このような歴史の中で、イングランド王国は徐々に海軍力の保持に力を入れるようになります。国を守るためにも国力を強くするためにも、海軍の力が重要だという事が明らかになって来たからです。
グレートブリテン王国もこの政策を引継ぎ強力な海軍を保持する事を進めました。
この結果、ナポレオン戦争時代も一次大戦時も二次大戦時も海上での優位を確保する事に成功し、ついに敵の上陸を許しませんでした。

グレートブリテン王国が一度も他国に征服されていないのは、このような経緯があっての事です。

つまり、もともとイギリスがあるブリテン島は他国に攻め込まれやすい立地であり、実際に何度も征服されていた。しかし、そのような歴史を踏まえて海軍力に力を注いだ結果、少なくとも18世紀以降は他国に征服される事は無くなった。という訳です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iik********さん

2017/4/918:37:37

イギリス人の書いたもの、小説から新聞、テレビなんかでも、「1066年以来」という表現はよく使われます。

これはもちろん、「敵兵が英本土に侵入した最後の年」という意味ですが、そこまで書かなくとも「1066年」と言っただけで、イギリス人には何を言っているかピンとくる年号となっています。

似たようなものに「1588年」というのがあり、これはスペインの「無敵艦隊」の来航で、特に、この時は「ドーバー海峡」を突破され、沿岸を荒らされたので、やはり「1588年以来、敵性海軍にドーバーを突破させたことは無い」などと使っていましたが、実は第二次大戦でドイツ艦隊に突破されてしまいます。
ただ、これは凡ミスに近いので、今も「敵主力艦隊に」とか付ければ見ない訳でもありません。

似た例では「1805年」トラファルガーの海戦、というのもあります。

この3つの年号は、イギリスの知識人なら知っている筈、というもののようです。

なお、「第二次大戦」でも「イギリス領チャネル諸島」はドイツ軍に占領されています。
よく、「イギリス本土で唯一、占領された土地」などと説明されます、「島」ですけどね。

「挨拶だけの返信」→不要です。

fig********さん

2017/4/821:27:34

1016年 デンマーク王スヴェンの次男クヌートはアシンドンの戦いでイングランド王エドマンド2世を破り、イングランドの賢人たちの合意を得てイングランド王に即位

1066年 イングランドは最後のヴァイキングと呼ばれたノルウェー王ハラルド3世苛烈王とノルマンディー公ギョームの襲来を受けました

イングランド王ハロルド2世はまず北東部に上陸してきたハラルド3世をスタンフォードブリッジの戦いで辛うじて破りますが
疲弊した兵を率い南部に上陸してきたノルマンディー公ギョームの軍とヘイスティングスで戦うが敗れ
ノルマンディー公ギョームはイングランド王ウィリアム1世として即位します

イングランドは20年の内乱の末
1154年 前イングランド王ヘンリー1世の娘マティルダの夫でフランス王の家臣アンジュー伯ジョフロワの息子アンリがイングランド王ヘンリー2世として即位しています

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mik********さん

2017/4/820:29:38

いえいえ、イギリスといってもあそこはアイルランドの一部とスコットランド、ウェールズにイングランドの複数の国から成り立っているので、内戦がかなり長くから続いていたんですよ。

現在でも、スコットランドはイングランドの一部として考えられていますし、アイルランドも北と南に別れていて、イングランド領に入っている一部のアイルランドではお金もユーロやポンド?などで、分かれているようです。

スコットランドなどもイングランド領になる前は、独立した国でしたが、イングランド領になる前は戦争を起こしています。その時は、スコットランドがイングランドに勝利しています。

地形というかあそこは海上軍隊が強いので、地上での戦争以外力を入れてなかった国はあっというまに敗北したということですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ari********さん

2017/4/820:27:33

ローマ帝国に占領されたけど。
英国にハドリアヌスの長城って歴史的遺物あるでしょうよ。ローマ軍が駐屯していた。
ブーティカの叛乱はネロ皇帝時代の話。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる