ここから本文です

死刑執行後の遺体の行方は?

h05********さん

2008/6/2100:06:14

死刑執行後の遺体の行方は?

死刑の是非はともかく、死刑執行後の遺体は、どのように処理されるのですか?
素人考えでは、例えば
①遺族の元に戻して荼毘に付す。
②火葬してから遺族に返す。
③死刑囚がドナー登録していれば(あるいは強制的にドナー登録させて)、適合患者に移植し尽くし、その過程で死亡(この臓器がないと生存不可能な臓器を移植した場合など)し、余った肉体は遺族の元に戻して荼毘に付す。
などが考えられるのですが・・・。
あと、現在の日本で行われる死刑はどのような方法で執行されるのですか。

補足>現在の日本で行われる死刑はどのような方法で執行されるのですか。
でお聞きしたかったことは、例えば、絞首刑、毒殺あるいは電気椅子など
いろいろな方法があると思うのですが、表現に語弊がありますが、どのよう
な「殺し方」をするのかを、お聞きしたかったのです。

閲覧数:
57,506
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ooh********さん

2008/6/2101:11:28

遺体の行方?
死刑執行後、法務省から死刑囚の遺族に連絡が行くそうです。

①拘置所では死刑執行後24時間は遺体の搬出は出来ないそうで
遺族が遺体の引き取りが出来るのは少なくとも翌日のことになるそうです。

②しかし、ほとんどの遺族は遺体の引取りをしないそうで
この場合は拘置所で葬式が執り行われ
火葬場で火葬に付されるそうです。
遺骨・遺灰等も引取り手のない場合は
拘置所のある行政区の墓地に行旅死亡人と同様に
無縁仏として納骨されるそうです。

③献体を死刑確定後に申し出る死刑囚も少なくないそうです。
有名な話では1771年の杉田玄白による解剖だそうで
女性死刑囚の遺体の解剖を見学した彼は
「ターヘル・アナトミア」というオランダの解剖書を翻訳して
後に解体新書として出版したことは日本の近代医学の発展に
大いに貢献しているそうです。
臓器移植に関しては、現在のところそのような事例は無いそうです
死後24時間は拘置所から遺体を搬出できないという規制も
臓器移植にとって難しい点になっているそうですが
倫理上の問題点からみて死刑囚の臓器移植はどうなのか
議論は尽くすべきだそうです。

日本における死刑執行方法は「絞首刑」と定められているそうです。

質問した人からのコメント

2008/6/22 09:45:21

感謝 いろいろ教えていただき、ためになりました。
ありがとうございました。

「死刑執行後の処理」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mek********さん

編集あり2008/6/2100:39:50

大塚公子さんの『死刑囚の最後の瞬間』という本を読んだことがあるのですが、
基本的には①の、遺族の元に戻すことが多いそうです。
ただ、遺族によっては子どもの将来なども考え、引き取りを拒むケースもあるようで、
そうすると、献体後、灰は留置所の共同墓地に送られるそうです…。

この献体はご存知ですか?
多くの死刑囚の方がされるそうですが、献体とは「本人の意思により、死後その遺体を研究用に無償で(医大等に)提供すること」です。

③のドナー登録の話は聞いたことがないのですが…、あるのですか? ないように思ってしまいます。


どのような方法で執行されるかというのは、死刑執行までの経緯のことですか?
刑事訴訟法に定められているところによると、「死刑は判決確定のあと、六ヶ月以内に法務大臣が命令を出し、この命令を受けると五日以内に執行しなければならない。」となってるそうですが、実際に六ヶ月以内に執行されることはほとんどなく、最長で五・六年執行されない人もいるそうです。
平均では二年八ヶ月ほどだとか…。

方法のことでしたら、首にロープの輪をかけ、スイッチを押して踏み板を落下させるそうです…。


以上、全て上記の本から抜粋しましたので、古い情報がありましたらごめんなさい。(角川書店発行,平成九年第五版より)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる