ここから本文です

【エタラビ、口座からの引き落とし停止をしたい】 ネットにあるような停止方法...

tar********さん

2017/4/1119:13:59

【エタラビ、口座からの引き落とし停止をしたい】

ネットにあるような停止方法をやろうとクレジット会社に電話をしたのですがどんな形であっても引き落とす残りのお金がチャラになる事はないと言われました。

電話した内容、回答はこうです。

まだ受けれる回数が残っているが業務停止のため、引き落としをやめたい。

エステの契約とクレジット会社との契約は全くの別物なので
契約した全額を支払い終えるまで引き落としは止められない
抗弁書の提出は構わないがあくまでも一時的に引き落としを止めるためで
残りの額がチャラになったわけではない
払わない場合借金のような形で残り、他で引き落としの契約をしようとしてもその選択が出来ない可能性がる
引き落としはどんな形であっても止める事は出来ない

こういった内容でした。
どうすれば良いのでしょうか。
施術が受けられないのに全額払わなければならないのは
あまりにもおかしいですよね…

抗弁書って出しても一時的にしか、また借金として残るんですか?

エタラビで同じ状況の方どうでしたか…?

閲覧数:
2,802
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iku********さん

2017/4/1121:05:06

すみません。素人ですが別の脱毛サロンに通う者として気持ちが分かるので参考にならないかもしれませんが調べた内容を書きますね。

どんな形であっても引き落とす残りのお金がチャラになる事はないというのは確かにそうかもしれません。「抗弁書」で検索すれば出てきますけど、行政書士や弁護士のホームページ、詳しいまとめサイトなどに出てたのを抜粋すると、

~購入者は、クレジット会社に対して支払停止の抗弁権を主張することにより、販売会社とのトラブルが解決するまでの間、クレジット会社の支払請求を拒絶することができるようになります。購入者と販売会社との交渉で結論が出るまでは、個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に延滞情報を登録されることはありません。~

とあります。
なので信用情報が傷つくことは無いと考えられます。どんなことがあっても引き落としは止める事ができない。と言っているのはローン会社も必死ですからそのくらいは言ってくるのだと思います。

◆一部抜粋
~消費者は一定の抗弁事由がある限り、クレジット会社に対して支払停止の抗弁を主張できますが、現実には、クレジット会社から『払ってもらわないと困る』、『販売会社とのトラブルはうちとは関係ない』などと言って請求をすることも少なくなりません。そのようなときは、毅然と支払停止の抗弁を主張して支払停止の抗弁権を主張しましょう。~

割賦販売法では、商品やサービスを提供するはずの業者に問題があって求めたものが受けられない、あるいは欠陥があるなどした場合(抗弁事由といいます)、クレジットの支払いを拒否する権利を認めています。

これを無視できるローン会社は悪徳な業者と言えると思うので、弁護士などに相談することをおススメいたします。

抜粋しただけなので参考になるか分からないですけどがんばってください!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「エタラビ」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる