ここから本文です

銀行に保証協会の保証付の事業資金を借りる(借換)申し込みをしました。

アバター

ID非公開さん

2017/4/1319:22:16

銀行に保証協会の保証付の事業資金を借りる(借換)申し込みをしました。

銀行と借入打合せ→保証協会への申込書類の作成→保証協会への申込

銀行から保証協会への申込の次の日、保証協会から銀行に連絡が入る。
内容は、(借換分についてはなんとか。。。しかし追加の事業資金については、少しどうかと言うニュアンスがあった)との事でした。

銀行側は、今年度の売り上げ予想と事業資金を使用する見積が必要と言う事で、すぐに
具体的に必要な事業資金の細かな見積を作成し、銀行の担当者に渡しました。

借入(借換)限度枠内の借入です。

銀行側は100パーセント貸出を承認されています。

この場合、どんな状況なのでしょうか??

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
355
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n_h********さん

2017/4/1414:50:23

>借入(借換)限度枠内の借入です。

枠や制度に当てはまらなければ、保証協会も断る大義名分があるので、検討せずに枠を超えているので、やりたくても出来ないと言ってきます。
そうは言ってきていないので、今回は申込みの要件にはあっていると認識します。

>銀行側は100パーセント貸出を承認されています。

何の制度かや、金額はわからないですが、銀行が、保証協会の保証が付く事を条件に借換+増加運転資金の融資をOKしているが、肝心の保証協会が保証する事をOKしてくれて無いという状況です。

そのような中で、
銀行…保証が付くリスクの少ない融資の増加運転資金を出したい。
保証協会…これ以上保証残高を増やしたくない(すでに保証残高が多い、もしくは経営があまり良く無いなどの理由)
それぞれが、こういう思いを持っています。

なので、銀行は保証協会を説得するための、資料を求めて来たのです。

保証協会としては借換をする事で、毎月の返済額が減るのでそれで経営を立て直してほしいと考えています。
例えば借換により、毎月50万の返済が、30万になれば、月20万浮きます。20万×12カ月で240万融資したのと同じ効果があるので、それでもさらに追加資金必要の?とか、必要なら根拠の資料見せてよとか、プロパー(保証無し)で銀行が融資すれば良いじゃないの?とか、銀行と保証協会でやり取りしていると思います。

これが今の状況だと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

bot********さん

2017/4/1411:52:42

>借入(借換)限度枠内の借入です。

何の限度枠ですか?

>銀行側は100パーセント貸出を承認されています。

保証協会の承認が前提でしょう?

追加の事業資金の攻防が行われていると思いますが?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる