ここから本文です

即時取得に関する問題が解けずに困っています。もともと苦手で調べてもどうも解け...

woh********さん

2017/4/1320:29:25

即時取得に関する問題が解けずに困っています。もともと苦手で調べてもどうも解けそうにありません。詳しい方に、ぜひお力をお貸しいただきたいと質問させていただきます。どうかご教授ください。

即時取得に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。ただし、争いがある場合は判例による。

1.即時取得の対象は動産に限るが、自動車は、運輸局等に登録済みか否かに関わらず、即時取得の対象とならない。

2.無権代理人から代理権限がないことに善意かつ無過失で本人の物を取引行為により取得した者は、即時取得により、当該物の権利を取得しうる。

3.即時取得が成立するためには、取引行為が必要であるところ、売買契約だけでなく贈与契約もこれに含まれるから、無権利者から善意かつ無過失で贈与契約により動産を取得した者は、即時取得により、当該動産の所有権を取得しうる。

4,即時取得が成立するためには、物の占有を取得することが必要であるが、物の占有の取得方法は条文上一つではないので、例えば、前主の下に物を留めたまま、前主が物を取得した者のために所有する意思表示をする方法でも、即時取得が成立しうる。

5.盗品又は遺失物の場合でなくても、真の権利者は即時取得者に対して、二年間に限って、物の返還を請求することが出来るが、即時取得者が有償でその物を取得している場合には、真の権利者は対価弁償をしなければ、その物を回復することはできない。

問題文自体が長くて恐縮です…どうかよろしくお願いいたします。

閲覧数:
120
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2017/4/1320:44:58

答えは3だと思います。
即時取得は契約行為であること、無権利者が契約相手の場合、それに対して善意無過失であること。
の即時取得の基本的要件を満たしていると思いますよ

質問した人からのコメント

2017/4/13 20:52:29

ありがとうございました。助かりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる