ここから本文です

初めまして。 東野圭吾さんの『人魚の眠る家』、 ラストのお屋敷がなくなってい...

ris********さん

2017/4/1702:52:44

初めまして。
東野圭吾さんの『人魚の眠る家』、
ラストのお屋敷がなくなっていたのはどのように解釈されますか?
出来れば具体的にお願いいたします。
私個人は播磨夫妻は離婚しそれぞれ

新たな生活を始めたと思うのですが。

この質問は、fuk********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
4,290
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

リクエストマッチ

2017/4/1712:23:12

ネタバレしますので、未読の方は閲覧を控えてください。

はじめまして。よろしくお願い足します。

個人的解釈ですし、異論・反論あろうかと思いますが
母である主人公が娘の死を認めた時、家は完全に意味を失いました。なぜならば、あの家はペースメーカーと同じで「娘が生きている」とする為の道具だったからです。
ラスト家が荒れ放題になってしまった。少年に移植され真の意味で命となって目覚めた。ペースメーカーが結局偽物の命しか与えられなかったのと同じように、もうあの家は必要ない道具になったという比喩のように思います。

2人はどうなったか?ですが
離婚するでしょうね。そもそも夫が不倫していて娘の為に形だけの夫婦に戻っただけだったのが、不幸な事故で一緒にいなければならなくなってしまっただけですから。
東野圭吾が星野を出した意味というのは、ここにあったのだと思います。
ただ・・・弟がちょっとかわいそうな気もする。結局一番ふりまわされていたのはこの子で、お姉ちゃんいなくなったら・・・って。

質問した人からのコメント

2017/4/17 22:56:16

はじめまして。
ご回答ありがとうございました。
すごく合点がいきました。
確かにあの屋敷は母である薫子と子どもたちの住まいで、闘病中も夫である和昌は通ってきていましたね。
娘の死でその象徴が消えた。
どこに行ったのかは分からずとも二人は離婚し、新しい人生を歩んでいるのでしょうね。
もしかしたら、ハッピーエンドなのかな?とも思いましたが回答いただけてやはりこの解釈がしっくりきました。ありがとうございます。

「人魚の眠る家」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる