ここから本文です

炭酸飲料の泡のある現象について。 私がビールを飲むとき、当然ビールは冷やして...

fuk********さん

2017/4/1714:01:21

炭酸飲料の泡のある現象について。
私がビールを飲むとき、当然ビールは冷やしておくのですが、私はジョッキも冷凍室に入れてキンキンに冷やしておきます。

そうするとジョッキのガラス面は乾燥した霜がびっしりついた状態になります。そうした状態のジョッキにビールを注ぐと細かい泡が非常にたくさん出てコップの高さの7割くらいを泡が占める状態になります。
ところが、二杯目でジョッキの温度が少し上がり、かつジョッキの内側がビールで濡れた状態になると、新たに注いだビールからは泡があまり出ません。
似たような現象は氷とサイダーでも起きます。キンキンに冷やしておいた表面に乾燥した霜がついた状態の氷を入れたコップにサイダーを注ぐと、やはり泡が非常にたくさん出ますが、お代わりの二杯目で濡れた状態の氷にサイダーを注ぐと出る泡の量が非常に少なくなるのです。この現象が起こる理由はなんでしょうか。

閲覧数:
66
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2017/4/1714:52:17

炭酸飲料は過飽和の状態の炭酸ガスを溶かし込んでいる。

過飽和とはいえ、何かきっかけがないと気化しにくい。

瓶を振り回すと言った衝撃や、ざらざらトゲトゲ(目に見えない汚れ含む)の面に触れたりすると、ガス化しやすくなり泡が盛大に発生する。

2度目は霜のトゲトゲが溶けてしまい、表面も水分で濡れて滑らかになっているから泡が出にくい。

ということで、注ぐ前に下を軽く洗い流すと泡が出にくくなって、一杯目から炭酸の効いたビールが飲めるよ。

冷凍庫で冷やさないなら、徹底的に磨き上げておくといい(不潔な店のコップじゃ、あわあわだから気持ち悪いけど)。

  • 質問者

    fuk********さん

    2017/4/1716:07:47

    やはり過飽和の問題でしたか。摂氏0度より低い温度に冷した水に異物を突っ込むと急にシャーベット状に凍ったり、過冷却・高湿度の空間に核になる微粒子が入ると急に微細な氷の結晶ができたりするのと類似した現象なのですね。
    ちなみに、あの泡がたくさん出た状態のビールは好きです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる